プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

思慕 (後編 1)




捨て猫の灰シロ猫はリンを執拗につけまわし、挙げ句のはてには逃げるリンを猛追する始末だ。

ただ、もしかしたら灰シロ猫はリンの姿に生き別れた母の面影を重ねているのかもしれない、と私には感じられた。

そしてその追走劇が収まったのを機に、私は海岸猫たちに食事を与えることにしたのだが‥‥。


160328_122.jpg

160328_123.jpg

160328_120.jpg

160328_121.jpg

食べ盛りのサキと灰シロ猫はやはり食欲旺盛で、脇目もふらず一心不乱に猫缶をほお張っている。

とくに灰シロ猫の食べっぷりは凄まじく、猫缶が見る見るうちに呑みこまれていく。

まるでその身体の中に小さなブラックホールがあるかのように。


160328_124.jpg

一方リンはあくまでも鷹揚にゆっくりとしたペースで食べつづけている。


160328_125.jpg

160328_126.jpg

私が用意したトレイはいたって軽い代物で、それがために灰シロ猫の鼻先に押されて徐々に前へ移動していく。


160328_128.jpg

160328_129.jpg

灰シロ猫の食べる勢いは少しも衰えを見せず、猫缶をひたすら貪りつづける。


160328_130.jpg

そうこうしているうちに灰シロ猫は自分の分の猫缶を完食してしまった。

食べはじめてからここまで2分も経っていない。


160328_131.jpg

となりのリンはまだ3分の2ほど猫缶を残しているので、灰シロ猫がいかに速いペースで食べたのかがよく分かる。

そのリンのトレイをちらりと横目でうかがう灰シロ猫。それにつられるようにリンも顔をあげる。


160328_132.jpg

そしてリンは灰シロ猫に呼応するように、自分のトレイから離れて灰シロ猫のトレイに近づいていく。

「あっ、まただ」私は思わず声をあげた。


160328_133.jpg

野良となってからは常に家族と暮らしていたリンだから、たいていの場合相手は自分の子供だったが、彼女がこういう割に合わないトレードをする場面に私は幾度か遭遇している。

おそらくリンの母性本能がなせるわざなのだろうが、それでも今回ほどアンフェアな遣りとりを目撃した記憶はないと思う。


160328_134.jpg

僅かばかりのかけらが底にへばり付いているトレイを前に、リンは呆然と立ちつくしている。

しかし、たとえそれが不当な交換であっても、温順で寛容なリンが灰シロ猫から自分のトレイを取りかえすような行動に出ることはけっしてない。


私は持参していた予備の猫缶を開け、3つのトレイの中身が均等になるようにつぎ足した。


160328_135.jpg

160328_136.jpg

ところが、新たな猫缶を盛ったトレイに近づいてきたのはサキだけだった。


160328_162.jpg

160328_163.jpg

リンは私が猫缶を用意しているあいだにその場を立ち去り、少し離れた防砂林の一画に腰を下ろして、あたりにぬかりなく目を配っている。


160328_141.jpg

160328_142.jpg

育ち盛り、食べ盛りの灰シロ猫もさすがに腹が満たされたのだろう、リンのあとを追うようにエサ場を離れていく。

灰シロ猫の足取りは迷いのないしっかりとしたもので、猫缶への未練など微塵も感じさせない。


160328_143.jpg


ニンゲンの中には食い意地が張った強欲な輩もたくさんいるが、猫にはそういう傾向はなく、実に恬淡としている。

だから今回の灰シロ猫のように、たとえ目の前に食べ物があっても必要以上に摂食することはない。


160328_144b.jpg

160328_147.jpg


というのも、そもそも猫は少しの量を何度かに分けて食べる食性を持っていて、いわゆる「一気食い」や「まとめ食い」はしない。

(だいたい過食が原因で身体を重く感じて機敏に動けなくなったら、家猫はともかく外敵の多い屋外で暮らす野良猫にとっては一大事である)

その猫の食性を無視して、ニンゲンと同じように時間を決めて食事を与えると、攻撃的になったり協調性をなくしたりすると言われている。


160328_148.jpg

160328_149.jpg


更に食事の間隔をあけると一度に食べる量が増えてしまい、結果として尿pHの変動が大きくなり健康を損ねる原因にもなりえる。

このようにニンゲンの食生活をそのまま猫にまで押しつけるのは、彼らからすれば迷惑千万なことなのかもしれない。

ちなみに、8年前に海岸で保護した我が家の愛猫には、好きなときに好きなだけ食べられるようにキャットフードを食器に置きっぱなしにしているが、彼女は当初のスリムな体型を今も維持し、そしてこれまで病気ひとつせず健康状態もきわめて良好だ。


160328_150.jpg

160328_153.jpg

ひとり黙々と猫缶を食べつづけるサキ。

やはり若いサキなどは、この時刻(夕方)になるとどうしても腹が減ってしまうのだろう。


160328_154.jpg


面識がなくたがいにその存在を知らない場合もあるが、たいていのエサ場には複数のボランティアの人が関わっている。

そしてこれは面識がない理由でもあるのだが、朝・昼・夕方以降というように、その人たちはそれぞれの事情によって海岸を訪れる時間帯が違う。

つまり海岸猫の多くは、日に2度は食事をもらっている。


160328_155.jpg

すると、先に述べた「少量を何回かに分けて食べる」という猫の食性とは合致しないことになる。

だったら置き餌をすればいいのでは、と考える方もいらっしゃるだろうが、事はそう簡単に運ばない。

なんとなれば防砂林の中にあるエサ場には、「置き餌」をしようと思ってもできない理由があるからだ。


160328_156.jpg

160328_157.jpg

灰シロ猫は頭上を見あげながら甲高い鳴き声を発した。


160328_158.jpg

そしてつぎの瞬間、灰シロ猫はいきなりジャンプすると、近くにあった松の枝にしがみついた。

「ひょっとして、これは腹ごなしのためのいわゆる『食後の運動』」ってヤツか?」


160328_159.jpg

160328_160.jpg

木登り巧者のリンが見せる華麗さや軽快さといったものは灰シロ猫には具わっていないが、幼いとはいえそこは男子、力にまかせた強引な登り方をする。


160328_161.jpg

「しかし、ホントにじっとしていられないんだな、この子は」私がこのエリアを訪れてからここまで、灰シロ猫は5分とひとところにじっとしていない。

灰シロ猫自身の意思とは無関係に、まるで英気や生命力が身体を勝手に動かしているような印象すら受ける。


160328_165.jpg

最後まで猫缶を食べていたサキも腹がいっぱいになったのか、悠然とした足どりでエサ場を去っていく。


160328_164.jpg

結局、つぎ足した猫缶をそっくり残した感じだ。けれど、とくだん驚くことではない。

なぜなら、はじめに与えた猫缶を海岸猫があっというまに平らげたので、ならばとお代わり出すと、まるで手のひらを返したように見向きもされないという経験を何度もしているからだ。


160328_166.jpg

おそらく今まで樹上から海岸猫たちが食事する光景を観察していたのだろう、サキがトレイから離れるとすぐにカラスが舞いおりてきた。

先述した「防砂林の中にあるエサ場では置き餌ができない」のは、このカラスの存在があるからだ。

彼らは何処に海岸猫のエサ場があるのか、また誰が食べ物を持ってくるのかをしっかりと記憶している。

そして隙あらばいつでも海岸猫の食事を奪取してやろうと、高所から給餌の様子をうかがっているのだ。



〈つづく〉



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


さて、今年も寒い季節が到来しました。

そこで‥‥。

昨年も取りあげた日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。


#猫バンバン プロジェクト



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

ステッカー応募しました!

猫バンバン、早速応募してみました!
ちょっとした動作が猫を守りますね~
教えてくださってありがとうございました。

都わすれ(あんまぁ)さんへ

猫バンバン プロジェクト

ステッカープレゼントの抽選に当たることを祈っています。
そしてひとりでも多くの人がこの運動に関心を持ってくれるように
宣伝してください。(笑)


No title

こんにちは
猫ちゃんは(ワンちゃんもかも)短い期間で大人になるので 
成猫になるまで とても食欲旺盛だと読んだことがあるのですが
ほんとうすごい食べっぷりの灰シロ猫ちゃん かわいいです(*^-^*)

もう また猫バンバンの季節が来たのですね。
猫バンバンが どんどん広がりますように・・

ねこ眠りさんへ

ドライバーの常識に

このとき、灰シロ猫に与えた猫缶はあっと言う間になくなりました。
まともに噛まないで、まるで吸引しているような食べ方でした。
私の記憶が正しければ、今までの最短記録ではないかと思われます。(笑)

ここ数日は妙に暖かい日が続いていますが、昨今の季節は猫より気まぐれですから、
油断は禁物ですね。
「猫バンバン」‥‥、ドライバーの常識になるくらいに広まることを私も願っています。

No title

うちのコも 一番のおちびさんのタマに 優先して餌を先に たべさせています。

あと、コロコロの茶々はやせてきましたが、一月違いの夏彦は 食べない割りなには おデブさんでふよ。
去勢して肥るこもいるそうで。。。すからね。。

おこちゃんさんへ

不妊手術と肥満

個体差はありますが、確かに不妊手術をすると太る傾向があり、
そして私の印象では女子より男子のほうがその傾向が強いですね。
行方知れずになってしまいましたが、ランの息子のアスカは
虚勢手術をしたあとに太り始め、同時に避妊手術をした母の体重を
上回りましたから。
ころころしている猫は、それはそれでカワイイですけどね。
ただ猫自身がどう感じているかは分かりませんが。(笑)

No title

初めまして、いつもブログを拝見させて頂いています。夏の初めごろの咲ちゃんの子供を必死で守ろうとしていた時の顔が、今でもどうしても脳裏に焼き付きはなれません。今でもあの時のあの親子をうちの子にしていればと後悔しています。今我が家には4歳の女の子が一匹います。家は暖かいです。何が違ってこうなるのか悲しいです。今は親子と灰白の子といつも一緒ですかね

ネコさんへ

キジトラの子

こちらこそ初めまして、そしてコメントありがとうございます。

サキが最後まで守ろうとしたキジトラの子はその後保護され、
『危険な防砂林から仔猫たちを救って!』のページで紹介しているように
今は里親さんのもとで幸せに暮らしています。
猫を引き取るには、やはりそれなりの覚悟が必要ですから
ネコさんが迷ったのも当然です。
サキはいまだに防砂林で暮らしていますが、上記のようにキジトラの子が
幸せをつかんだことで、ネコさんの悔いが少しでも和らぐことを願っています。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~