プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

思慕 (後編 2)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



強固なカラス対策をしないと、防砂林の中にあるエサ場に置き餌はできない。

そして防砂林という場所においては、奸智に長けたカラスを完全に排除することは不可能にちかい。


160328_167.jpg


カラスは霊長類に匹敵するほど知能の高い動物として知られているが、家族間や仲間間での情報伝達能力にも長けていることが分かっている。(私も薄々気づいていた)

つまり彼らは我々ニンゲンと同じように情報の共有と拡散を行っている数少ない生き物なのだ。


160328_212.jpg

「生きていくためにお前たちも食べ物を必死で探しているんだろうけど、この場所で容易に手に入るなどと、持ち前のよく通る声で仲間に喧伝されてはちと困るんだ」

「悪いけど、余った猫缶はこっちで処分させてもらうよ」


160328_168.jpg


「行きはよいよい、帰りはこわい」という『通りゃんせ』の歌詞ではないが、猫は木に登るのは得意でも木から降りるのは不得手で、ときとして自力で降りられなくなることすらある。

なかんずく外敵などの追撃にあってやみくもに登った場合、こういった悲劇に見舞われる。

これは何も木に限ったことではなく、建物の屋根や庇などの高所であれば起こりえることだ。


160328_169.jpg

160328_170.jpg

垂直にちかい枝から難なく地面におりた灰シロ猫。この子は腕白なだけあって優れた運動神経を持っているようだ。

この能力は野良として生きていくうえで貴重な資質であり、将来においてはこの先灰シロ猫の命運を左右するかもしれない、と私は思った。


160328_171.jpg

160328_172.jpg

ちなみに、サキは木登り巧者のリンの娘でありながら木登りがあまり得意ではない。

リンのあとを追って木に登っても、途中であきらめて引き返すサキの姿を何度も目にしている。


160328_174.jpg

160328_175.jpg

先ほどは「食べ盛り」の実際の食べっぷりを披露してくれた灰シロ猫だが、今度は「遊び盛り」の実際の遊びっぷりを披露してくれるようだ。

たとえ相手がいなくても、猫は『単独遊び』という独自の遊びを心得ている。


160328_177.jpg

160328_178.jpg

灰シロ猫の場合は虫を捕まえてもてあそんでいるのかと思ったのだが、どうもそうではないようだ。

動きが速くて見定められないのでファインダーから眼を離して肉眼でよく見てみると、薄くて黒っぽい物を懸命につかみ取ろうとしている。


160328_179.jpg

160328_180.jpg

「枯れ葉‥‥?いや、羽根だ」、灰シロ猫はカラスの羽根をオモチャにして遊んでいた。

健康な成猫にとってカラスはあまり脅威とはならないが、身体の弱った成猫や仔猫にとっては獰猛な捕食者となりえる。

そんなカラスに日頃の恨みを晴らす代わりとして、灰シロ猫は彼らの羽根を仮想の敵と見なしているのかもしれない。


160328_181.jpg

160328_182.jpg

160328_183.jpg

それにしても、この幼い海岸猫は実にアクティブでタフだ。

身体の内側に自分でも抑制できないほどのエネルギーが湧きおこり、それが奔流となって外へほとばしり出ている感じだ。

忘我の境というかトランス状態というか、はた目には恍惚として踊っているように見える。


003d.gif

004e.gif


単独遊びは多くの場合、このように適当な小物を獲物に見立てて捕獲のシミュレーションを行うのだが、猫はたとえ何もなくても頭のなかに描いた架空の状況で遊ぶことができ、その行動を『空想遊び』と呼ぶ。


160328_184.jpg

灰シロ猫はカラスの羽根にじゃれるのを止めると、いきなり防砂ネットに駆けあがった。

防砂ネットにそれらしい “標的” が見あたらないところをみると、これが灰シロ猫なりの『空想遊び』かもしれない。


160328_185.jpg

160328_186.jpg

160328_187.jpg

160328_188.jpg

灰シロ猫は頭のなかに何を思い描いているのだろう?

私には見えないが、真剣な表情から推すと、おそらく灰シロ猫の眼には自分で想定した獲物がはっきり見えているようだ。


160328_189.jpg

160328_190b.jpg


猫は耳の奥にある三半規管の働きだけでなく、視覚で水平を検出する能力に秀でていて、これにより空中で上下を素早く判断して足から着地することができる。

(まったくの余談で恐縮だが‥‥、この能力を極めた猫としては、漫画『いなかっぺ大将』において、主人公の大左衛門に『キャット空中三回転』という受け身を伝授したニャンコ先生をつい思い出してしまう)


160328_195.jpg

160328_196.jpg

視線を前方の一点に集中する灰シロ猫‥‥。どうやら彼の眼はあらたな “仮想の獲物” を発見したようだ。

私はカメラのズームを広角側にして、灰シロ猫のつぎの行動に備えた。


160328_197.jpg

ところが灰シロ猫は、私の予想に反して視線とはまったく違う方向へ駆け出した。


160328_198.jpg

160328_199.jpg

そして地面に転がっていた、小石とは言えないそこそこ大きな石をかかえこんだ。

猫の行動を予測するのは容易ではない、と私はあらためて思い知った。


160328_200.jpg

さらに半ば感嘆しながら思う‥‥、この子の辞書にはそもそも『疲弊』とか『困憊』という文字はないのかもしれない、と。


160328_201.jpg

160328_202.jpg

160328_203.jpg

160328_204.jpg


『単独遊び』は、兄弟のいない仔猫や何らかの理由で疎外された仔猫がよく見せる行動だと言われている。


160328_205.jpg

160328_206.jpg

160328_207.jpg

160328_208.jpg


考えてみれば、生後2~3ヵ月で親兄弟から引き離されて此処に遺棄された灰シロ猫の場合は、好むと好まざるとにかかわらず、独りで遊ぶしかなかった

それというのも、排斥こそされていないが、灰シロ猫はリンとサキの母娘から無視に近い扱いをうけているからだ。


160328_209.jpg

今まであまり使う機会がなかったのだが、私のバッグには猫缶と一緒にこんな物も入っている。

まだ遊び足りない顔をしている灰シロ猫に私は言った。「そんなの遊びたいのなら、私が相手をしてやろうか?」


160328_210.jpg

160328_211.jpg

「おっと、そんな簡単に掴んではつまらない。もっと楽しまないと‥‥」

灰シロ猫がポンポン様の玉に触れた瞬間、私は猫じゃらしを素早く引きあげた。


160328_213.jpg

160328_214.jpg

捕まえたと思った玉がするりと逃げたので、灰シロ猫もにわかに本気モードになったようだ。

舌なめずりをする顔からは、「今度こそは」と捲土重来の機会をうかがう意志がありありと見てとれる。


160328_215.jpg

160328_216.jpg


俊敏な猫を相手に、それも元気があり余っているこの子を相手にして、撮影をしながら左手だけで猫じゃらしを操るのはいささか心許ない。

またそんな半端な姿勢は、真剣になっている灰シロ猫に対しても非礼にあたるというもの。

そこで私はカメラをバッグに収め、本腰を入れて灰シロ猫と遊ぶことにした。

ということで、これ以降の写真はない。


scenery160328_07.jpg

scenery160328_06.jpg

scenery160328_09.jpg

scenery160328_08.jpg

灰シロ猫とひとしきり遊んだあとで海岸に出ると、夕日があたりを朱色に染めあげていた。

そして心地良い疲労感を覚える私の身体もまた、同じ色に彩られた。



〈了〉



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


さて、今年も寒い季節が到来しました。

そこで‥‥。

昨年も取りあげた日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。


#猫バンバン プロジェクト



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

今日、実はさっきです。。。
ウチのベランダにいつも来ていた小鳩がカラスに食べられてショックを受けていたところでした。。。
何度も目の前で見た光景ですが・・・いくらしょうがないことだと分かっていてもやはりショックでショックで涙が止まりませんでした・・・

今、ここに来て、灰シロ猫ちゃんにほっと癒されたところです(*´ー`*)ありがとうございます。。。

この可愛い可愛い猫ちゃん達もカラスや天敵に気をつけて長生きしてもらいたいです。。。

由美太さんへ

外敵

小鳩のこと‥‥、弱肉強食の世界の出来事とはいえやはり心が痛みます。

カラスは雑食でなんでも食べてしまいます。
記事にも書きましたが、身体の弱った猫やちいさな仔猫も
彼らにとっては格好の餌食です。
でもおっしゃるように、こればかりは我々人間にも防ぐことができません。

おはようございます。

この猫は、仔猫ですか?
可愛い顔をしていますね。

家猫みたいな穏やかな顔は、幼いからでしょうか。


カラスも生きて行くために必死なのでしょうね。
カラスは、いつも悪役になってしまいますね。

自然の世界は、人間が操れないのでしょうね。

とても寒くなりましたね。
温かくしてくださいね。(●^o^●)

Miyuさんへ

生物の法則

この灰シロ猫、写真を撮った頃はまだ生後半年ほどの仔猫でした。
今はもう少し大きくなっていると思われます。

カラスだって必死です。自分の子孫を残すために。
それはすべての生き物の遺伝子に埋め込まれた最大の動機ですから。
おっしゃるように、その生物の法則は人間がどうこうできるものではありませんね。

外で暮らす子には厳しい季節です。
持ち前の逞しい生命力で乗り切ってほしいと願っています。

No title

カラスはやはりスゴイのですね。
生き物だから嫌いでは無いけれど要注意ジンブツで
こわいです。

単独遊びは 突然 バタバタとやり初めて可愛いですが、他のコがビックリしたりします。。
今日は 灰シロ君の 動く写真で ニャンコ😽の可愛らしさを 充分にみさせて貰いました。

猫バンバンの季節になりましたが wabiさんも 寒くなりますので お気をつけ下さいませネ。

おこちゃんさんへ

ひとり運動会

童謡『七つの子』に歌われていた頃、カラスと人間は
互いに干渉することなく、住み分けができていたんでしょうね。
でも人間が山を切り崩して住宅を建てるようになり、
そこから出るゴミを漁るほうが楽だと知ったカラスは
“山の古巣”へ帰らなくなったのかもしれません。

猫の単独遊びのことを我が家では『ひとり運動会』と呼んでいますが、
何かのキッカケでいきなり始めますから周りは戸惑いますね。
お尻を振って狙いをつける仕草はカワイイですけど‥‥。

wabiさんへ!!

今年もまもなく大晦日になりますが、1年間、貴殿の描く野良猫物語の悲哀にむせび泣きました。!
時には嬉しさでもらい泣きもありました。野良猫の生きる切ない行動は捨てた飼い主さんの冷たさにつきます。無責任と・・しかし、めげずに生き延びたこの「灰しろ猫」チャンは実に上品な子猫でした。!
いじらしくて抱きかかえたく思いました。家で贅沢に寝ている猫に比べると、不憫でなりませんが、きっといつかまた幸せな生活が訪れることを信じて感謝の気持ちをささげたく思います。☆☆!!

荒野鷹虎さんへ

無限に流れる時の中で

今年も残すところあと10日‥‥。
Xmasと正月が週末ということで、いつもより賑やかな年始になりそうです。
しかしXmasも正月も我々人間が勝手に定めた節目であって、
自然に暮らす野良猫たちにはまったく関係ありません。
彼らは節目も区切りもなく、無限に流れる時の中で“今”を生きていくのに必死です。

そんな純粋無垢な野良猫の実態をできるだけ多くの人に知ってもらいたいと
願って続けてきたブログですが、私の体調不良のせいでなかなか思うに任せません。
そんな私を支えてくれるのが皆様からの激励のコメントやメールです。
なかんずく荒野鷹虎さんの身に余るコメントにはいつも感謝しています。

No title

こんにちは
カラスは 人間に似ているなぁ・・と思います。
人間も集団でいると 力を持ってて恐い気がします。
カラスも群れでいると恐くて 心が通じ合わないですが
群れを外れて 一羽でいるカラスに毎日会っていたら 
賢くてユニークで きっと仲良くなれそうな・・(^-^;

でも海岸に集まると 猫ちゃんを襲うかも知れないので 
ごはんは置いてはおけないですね・・

サキちゃんの目が 仔猫を守ろうとしていた時の目と同じで 
胸が痛くて切なくなります。
 
サキちゃんへ・・仔猫ちゃんたちは wabiさんたちのおかげで
ちゃんと幸せに暮らしているから大丈夫だよ・・

ねこ眠りさんへ

とてもいい子です

ご存知のようにカラスはとても頭のいい鳥です。
人の顔もしっかり覚えていて、誰が食べ物を持ってくるのか
ちゃんと知っています。
そしてその情報を家族・仲間に知らせる能力ももっています。
昔は神の使いとして崇められた鳥でもあり、
もしカラスの羽根が色鮮やかだったら、今とは違うイメージで
見られたかもしれません。

サキに会うたびに「子供たちは里親さんのもとで幸せに暮らしているよ」と
語りかけます。
最近は私に対しても警戒心を緩め、身体をすり寄せて
くるようになりました。
とてもいい子なので、里親の申し出があるよう願っています。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~