プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

パフォーマンス (前編)




しきりとグルーミングする、適当な部材があれば取りあえず爪を研ぐ、狹いところがあるともぐり込む、高い場所に好んで登るなど、猫には様々な習い性がある。

それらの習性は数万年をかけて彼らの遺伝子に書き込まれたもので、猫と接するうちにその行動原理が徐々に理解できるようになる。

しかし、猫は我々の想像を超えた不可解な行動をとることがある。

今回はそんな猫の不思議な行動のいくつかを紹介しよう。


scenery160406_01.jpg

scenery160406_02.jpg

scenery160406_03.jpg

薄雲が広がる夕刻の海岸に人影はまばらで、いつになく閑散としている。

海は静かに横たわり、風も凪いでいる、そんなひっそりとした海岸を私はリンエリアへと自転車のペダルを漕いだ。


160406_001.jpg

160406_002.jpg

自転車から降りてあたりをうかがっていると、灌木の茂みからリンが姿を現し、足早に近づいてきた。

灌木の中から私の姿を視認したか、さもなくばその優れた聴覚で私の自転車が発する固有の “音” を聞き分けたのだろう。


160406_003.jpg


「猫は三年の恩を三日で忘れる」という諺があるように、日本では昔から “猫は情が薄い” などと巷間言われている。

けれど、悪意があるとまでは言わないが、この説はまったく見当はずれで間違ったものだ、と私自身は思っている。


160406_004.jpg

160406_005.jpg

リンと知り合って4年余りが経つが、会うたびにこうやって短い尻尾を目いっぱい挙げながら身体をすり付け、歓迎の意思表示をしてくれる。

たとえ数ヵ月間会わないでいても、彼女が私のことを忘れたことはない。これまで一度も。


160406_006.jpg

飼い猫ならまだしも、野良猫のリンがたまに訪れる私のようなニンゲンにさえ親愛の情を表してくれる、この事実を見れば「猫は薄情」などとはとても思えない。

だから行動に気まぐれなところはあるものの、猫は受けた恩義をそうそう簡単には忘れない生き物だ、と私は信じている。


160406_007.jpg

160406_008.jpg

その場で佇んでいた私に、リンは「ついて来て」という仕草を見せながらゆっくりと歩き始めた。


160406_009.jpg

160406_010.jpg

私はリンに促されるまま、後をついて行くことにした。


160406_011.jpg

160406_012.jpg

やがてリンは防砂ネットの端を回り込み、防砂林の中に足を踏み入れた。

明らかにリンは私を先導している。

なんとなれば、リンが防砂ネットの反対側に行くのなら、こんな迂遠なルートを通らないで、至るところにあるネットの切れ目から簡単にくぐり抜けられるからだ。


160406_013.jpg

160406_014.jpg

リンは突然歩を止めると、踏み分け道の脇にある松の若木に頭を押しつけるようにしがみついた。

《爪を研ぐつもりなのか‥‥?》 それにしてはいっこうに前足を動かさないのは何故だ。


160406_034.jpg

そんな疑問をリンに投げかけようとしたのだが、彼女の真剣な表情を見て、私は口をつぐんだ。


160406_015.jpg

160406_016.jpg

160406_017.jpg

やがてリンはがくりとこうべを垂れると、松の木にかけてあった前足を静かに下ろした。

その様子からは、まるで何かを成し遂げて精根尽き果てたような印象を受ける。


160406_018.jpg


冒頭で述べたように、猫は置かれた状況やそのときの感情で様々な行動パターンをとる。


160406_019.jpg

160406_046c.jpg


その行動からある程度猫の気持ちが推測できるのだが、今リンがおこなったパフォーマンスは初めて目にするもので、私にはその意図が皆目分からない。


160406_020.jpg

160406_021.jpg

リンはエサ場に着くやいなや、そこに置かれた段ボール箱にもぐり込んだ。


160406_022.jpg

160406_023.jpg


人に飼われている、飼われていないにかかわらず、猫はこういった狭い場所を好む習性をもっている。

その理由としては、彼らの祖先が捕食していた小動物の多くが小さな穴に棲んでいたからであり、また狹い場所は外敵から身を守るために都合がいいからだと言われている。


160406_024b.jpg

160406_025.jpg

そのとき、今までどこに隠れていたのか分からないが、灰シロ猫が颯爽とした足どりで登場した。


160406_026.jpg

160406_027.jpg

そしてすぐ側にいる私を見向きもしないで、いきなり爪を研ぎ始めた。


160406_028.jpg

160406_029.jpg


さて、いつまでもこの幼い海岸猫を “灰シロ猫” と記すのは煩わしく、それに親近感も湧かないので名前を付けることにした。

灰色の被毛をもっていることから、今後この子を『テル(照)』と呼ぶことにする。

灰色⇒グレイ⇒◯◯◯◯⇒◯◯◯◯⇒照、という単純な演繹的連想から決定した。


160406_030.jpg

爪研ぎを終えたテルは私の眼の前を平然とした足付きで横切っていく。

《やはりこの子は父親譲りの大胆不敵な性格をもっているようだ》 私はあらためてそう思った。


160406_031.jpg

160406_032.jpg

そしてそのままリンがひそんでいる段ボール箱に近づいていく。

1、2分のタイムラグがあるからリンが段ボール箱に入るところをテルは目撃していないはず。

それでも迷うことなく近づいてきたということは、その鋭敏な聴覚と臭覚で感知したのかもしれない。


160406_033.jpg

ここにきてテルは初めて私に視線を向けた。その眼差しに警戒や猜疑の色は感じられない。


160406_062.jpg

160406_063.jpg

捨て猫のテルはリンを母のように慕っているフシがある。

だからリンのことが気になるのだろう、おずおずしながらも段ボール箱の中をしきりにうかがっている。


160406_046.jpg

しばらくそうしていたテルだったが、小さな段ボール箱にいるリンには接近できないと悟ったのか、不服そうな顔を私に向けながら少し離れたところに腰を下ろした。


160406_072.jpg

160406_047b.jpg

160406_048.jpg

テルは名もない虚空をひとしきり眺めると、今度はいきなり大きなあくびをした。

顔の造作が崩れるくらい猫のあくびは豪快だ。

ちらりと見えたテルの口腔には、白くて健康そうな歯が欠損することなくきれいに並んでいる。

犬歯の先端は鋭くとがり、歯茎もピンク色をしていて、ひと目で若い猫だと分かる。


160406_035.jpg

リンへの接近を諦めたかに見えたテルだったが、やはり気にかかるようで、ちらちらと傘のやぶれ目を顧みる。


160406_036.jpg

160406_037.jpg

160406_038.jpg

やがて心を決めたように伸びをすると、おそるおそる段ボール箱に近づいていった。


160406_073.jpg

160406_039.jpg

160406_040.jpg

段ボール箱の中を覗き込んでいたテルがあわてた様子で身を引いた。

リンが威嚇的な行動に出たのかもしれない。


160406_041.jpg

それでもテルは生来の放胆な性格に突き動かされるように、再び段ボール箱に近づいていく。


160406_043.jpg

160406_044.jpg

160406_045.jpg

どうせまたリンに追い払われるのが関の山だろうと私は思っていた。

ところがあに図らんや、テルはすんなりと壊れた傘の下へもぐり込んでいった。


160406_057.jpg

160406_058.jpg

近づいてみると、段ボール箱の中にテルがちゃっかり収まっている。

「え、それじゃあリンは何処へ行ったんだ?」


160406_059.jpg

テルの表情も若干戸惑っているように見える。


160406_035b.jpg

それからややあって、テルは段ボール箱からあっさりと出てきた。

テルとしては段ボール箱に執着したわけではなく、リンに近づきたかったのだから当然の行動だろう。


160406_036b.jpg

160406_043b.jpg

160406_044b.jpg

灌木の茂みに近づいたテルは、何かを探し求めるようにあたりを盛んに見まわしている。


160406_045b.jpg

どうやらテルもリンが何処へ身を隠したのか分からないようだ。


160406_049b.jpg


ネコ科全般に言えることだが、しなやかな身体と抜群の運動能力を具え、足音を立てずに歩ける肉球をもつ彼らは隠密行動を得意としている。

それに息を殺して長時間じっとしていることも彼らは苦にしない。


160406_065.jpg


私も何度か経験しているが、家の中のような限られたスペースであっても、猫が本気で隠れると簡単には発見できない。

そのたびに、ひょっとしたらある種の猫は異次元への出入り口を知っていて、『ワームホール』ならぬ “キャットホール” を通って行き来できるのではないか、と真剣に考えてしまうほどだ。


160406_066.jpg


もし猫とかくれんぼや缶蹴りをしたなら、いつまでも鬼をやらされるハメになるのは確実だ。

しかしニンゲン相手ならいざ知らず、幼いとはいえ優れた探知能力を有する同じ猫を尻目にかけて、完全に姿をくらますなどということが、果たして可能なのだろうか?


160406_067.jpg


グルーミングほどの頻度ではないが、猫は事あるごとにこうして爪を研ぐ習性がある。

獲物を狩るときや敵と戦うときには武器となり、外敵から逃げるときには木に登るための道具となる爪は猫にとって重要な部位で、常に鋭利にしておく必要がある。

そして縄張りを示すためのマーキングや他の猫に対して自分を示威するためにも爪を研ぐ。


160406_068.jpg

160406_069.jpg


さらにはグルーミングと同様に、葛藤状況に陥った際の『転位行動』として爪を研ぐこともある

さて一心不乱に爪を研いでいるテルの場合は、リンが煙のように姿を消してしまったせいで混乱した頭を沈静化させための転位行動だと私は想像しているのだが‥‥。

そのときだった。


160406_071.jpg

リンがいきなり姿を現して、ゆっくりとした足どりでこちらに向かってきた。


160406_086.jpg

「リン、今まで何処にいたんだ?」やはり猫にしか行けない異次元に隠れていたのだろうか。


160406_089b.jpg

160406_074b.jpg

だがリンは私の問いかけに何も答えない。そして私の足元をすり抜けると、出し抜けに防砂ネットに取りついた。

《リンは何をしようとしているんだ?》 先ほどの松の木を相手にした不可解なパフォーマンスといい、今日のリンの行動は謎だらけだ。


160406_075b.jpg

160406_087b.jpg

リンの動きが止まった。

ネットを手がかかりにしてフェンスを登ろうとしているのだろうが、どうやら太い胴縁が妨げになって先に進めないようだ。


160406_088b.jpg

賢明なリンのことだから無理はしないで、じきにネットから降りてくるだろうと私は思っていた。

ところがリンはネットにしがみついたままじっとしている。

そして‥‥。


160406_076c.jpg

つぎの瞬間、リンは垂直に張ってあるネットでジャンプをして胴縁を越えると、前足だけで上部のネットにぶらさがった。

「すごい‥‥!」私は思わず声をあげた。

体操競技でいえばD難度くらいか‥‥、いや、私としてはE難度としたい。


160406_077c.jpg

160406_078c.jpg

160406_079.jpg

先日テルの追走から逃れるために仕方なくおこなったように、緊急避難的に防砂ネットを駆けあがるリンを目撃したことはある。

しかし私の記憶違いでなければ、こうして自分の意志でネットを登るリンを目にしたのはこのときが初めてだ。


160406_080.jpg

160406_081.jpg

「また跳んだ!」

胴縁のような障害物がないにもかかわらず、リンはネットを足がかりにして再びジャンプした。


160406_085.jpg

160406_082.jpg

さらにふたつ目の胴縁を飛び越えると、今度は前足一本でネットに掴まった

「‥‥!」私は眼を瞠り息を呑んだ。

リンが身軽なことは以前から承知していたが、これほどの運動能力を有しているとは、正直思っていなかった。

リンがニンゲンなら体操選手としてもオリンピック級だろうが、フリークライマーとしても間違いなく一流選手になっていただろう。


160406_083.jpg

160406_084.jpg

頭上のリンの姿を仰ぎ見ているうちに、私を迎えてくれたときのリンの行動がふと脳裏に浮かんできた。

なんとなれば、リンが私を此処へ招いたのはこのパフォーマンスを見せるためかもしれない、という穿った見方もできそうだからだ。

それにしても‥‥、リンは何処まで登るつもりなのだろう?そして目的は何なんだろう?

この防砂フェンスは地面から5~6メートルの高さがあり、リンはすでにその半ばまで達している。



〈つづく〉



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。


#猫バンバン プロジェクト



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

灰色といえば テルで決まりです!
バッチリいい名前ですね。
リンちゃんのフェンスのぼりの瞬間は 良くカメラに収められたと思います。
7、8メートルは 人間が猫だったならば どれ程の高さに感じるでしょう。。
リンちゃん 見かけより身軽だったのですね。

おこちゃんさんへ

動きは軽快

> 灰色といえば テルで決まりです!
最初は同じ連想から『カツヒコ(勝彦)』か
省略して『カツ』と命名しようと思ったのですが、
語呂が悪いし知らない人が多いだろうからテルにしました。(笑)

動きの遅い登るシーンは走る場面より撮影が容易でした。
ただ上を見上げたままの撮影は首や背中に負担がかかります。(笑)

写真では分かりづらいですが、リンは小柄な身体をしているので
動きは軽快ですよ。

年末のご挨拶

こんにちは

今年一年お世話になりました 
来年もよろしくお願いいたします
 
#猫ばんばん
 
わしも車の下の猫気になっていました 
いつも確認してから エンジンを掛けますが 
夜などは やはり叩いたほうが良いですね^^

plateauさんへ

来年も素敵な写真を

こちらこそこの一年、バラエティに富んだ写真を満喫させて
いただき感謝しています。

スマホからフルサイズ一眼まで、その状況に応じて
機材を柔軟に使い分けるplateauさんの撮影スタイルには
好感をいだいています。
そして「やはり写真は機材ではなく感性なんだなぁ」と、
写真ド素人ながら感心することしきりです。
どうか健康に留意して来年も素敵な写真を撮ってください。

私のまわりでも発進した車に轢かれて命を落とした猫が
何匹かいますから、やはりドライバーの人たちには
エンジンをかける前には「猫バンバン」してほしいですね。

No title

色々なことを考えさせられることが多く、ありがたく思いながら、拝見させていただいております。
私も猫は情が薄いとは思わないです。
入院していた間、引きこもってしまい、痩せてしまったコがいますし、退院後は家に帰るなりスリスリしてきたり……。
人間の想定している愛情表現と違う形の表現になっているのだろうと思います。

エンジンを掛ける前の「猫バンバン」が拡がってほしいと思います。
ずいぶん前になりますが、近所の方の車のボンネットから子猫の鳴き声がして、救出したこともあり、入ってしまって出てこれないコもいるのだと思いました。
それ以来、「猫バンバン」する前にボンネットに耳を近づけて、声がしないか?確認したり、車の下を目視確認したりするようにしています。

来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

No title

今年一年(いえ、数ヶ月くらい・・・)、他愛もない事ばかり書いているブログに訪問してくれてありがと様でした。

また新しい年が始まります。
今年を振り返り、充実した、楽しい一年だったら来年も、そうでなかったら来年こそはと気持ちをウキウキさせながら生活しましょう。
来年もよろしくお願いしま~す。

ミカンでした。

やくもさんへ

良いお年を

こちらこそやくもさんの家族であるワンコやニャンコの様子を拝見し、
感じることが多くあります。

その表現に違いがあるものの、彼らが揃って感情豊かな生き物だということは
間違いありません。
また本音と建前を使い分ける人間などより正直で分かりやすい感情表現をする分、
親しみさえ覚えます。

私自身親交のあった野良猫や知り合いの方、そしてブロ友さんの知人の知っている
野良猫が、駐車している車にひそんでいて犠牲になっていますから、
けっして珍しくない、そこそこの頻度で起こる事故だと思います。
ですからエンジンをかける前の「猫バンバン」がドライバーの常識になるくらい
広まってほしいですね。

定期的に里親募集のページにリンクを張っていただき感謝しています。
どうか、ワンコやニャンコ共々良いお年をお迎えください。

みかんさんへ

良いお年を

みかんさんほど間近に接することはできませんが、
富士山は私の住んでいるところからも眺望できるので、
親しみを感じています。
そして時折掲載されている猫たちの写真を見るたびに
思わず目を細めている私です。

さて、私の場合は大いに疑問ですが、みかんさんにとって今年は
充実した年だったと、毎日更新のブログを拝見して感じています。

良いお年をお迎えください。

No title

1年、有り難うございました。

しばらく、自分の心の膿が吹き出して辛く、お邪魔できていませんでした。

りんちゃん、本当に私好みで…。

猫って薄情なんかじゃ無いですよね。
自分を持っていて、だから相手を服従させることをしないだけ。

来年も記事、お願いしますね。

ねこさんへ

とてもいい子です

こちらこそご訪問いただきありがとうございました。

心の闇は底が知れないほど深く、また一寸先も見通せないほど
暗いですから、はまり込むと容易には抜け出せません。
どうぞお大事に‥‥。

さて、仰るように猫は独立心が強い動物ですから
ニンゲンに隷属しません。
でもけっして情が薄いわけではなく、ニンゲンなどより
よっぽど厚い情を持っています。

私の記事ではうまく伝わっていませんが、
リンは賢くて活動的で、とてもいい子ですよ。

wabiさんへ!!

新年おめでとうございます。☆!

大好きな灰シロ猫ちゃんも「照る」ちゃんと命名されて1人前になりましたねー。☆!
今年も野良猫ちゃんの力強い悲しい運命の悲哀を母性心ともいえるwabiさんの暖かい目を通して
披露して下さる物語に期待七ます。
今年もよろしくお願いいたします。☆!!

荒野鷹虎さんへ

明けましておめでとうございます

年末に続いて年始のご挨拶をいただき恐縮しています。
こちらこそよろしくお願いいたします。

前回のコメント返しにも記し、またブログの冒頭でも述べているように
猫たちはニンゲンが定めた“節目”などとは無関係に日々を恬淡と生きているだけです。
そんな彼ら・彼女らの無垢な姿を拙い写真を通して少しでも伝えられたらと、
年頭にあたってあらためて思っています。

No title

ご挨拶が遅れてしまいましたが・・

あけましておめでとうございます
今年も どうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

テルちゃん 良い名前ですね。グレイからとはいえ 照なので
希望の光が さんさんと照らすような明るいお名前ですね!

リンちゃんの身体能力にビックリです。こんなん出来るよ♪ 
ってwabiさんに見せたかったのかな・・と思いました(^-^)v



ねこ眠りさんへ

改めて……

個別に年始の挨拶をしないで、ブログ記事の冒頭に
掲載しただけの怠慢な私です。
なのでご挨拶の遅延など気にする立場にありません。(笑)

ということで、改めて……。
「おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」

ご推察のとおり、『照』という名は明るい未来が待っているようにと
願って決めました。
『思慕 (中編)』のラストに記した「淡い陽の光が射しているような印象」
からの連想でもあります。

今思い出しても、リンのネット登攀には驚嘆するだけです。
垂直のネット上でジャンプするなど、私の想像を超えていましたから。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~