プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









ねこ写真展
『大阪 Cat Story』の管理人
Kiryuさんが参加している写真展
『まちねこ美術館シリーズ「Life」』が
以下のスケジュールで開催されます 2017年9月15日(金)~19日(火)
会場:東京・京橋にあるギャラリー
「メゾンドネコ」

詳細は画像をクリックしてください
検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

シシマルエリアの変事 (中編)

Ranking site
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ  



猫は単独で行動し、たとえ同じエサ場で暮らす仲間とも基本的に群れることはなく、言うところのヒエラルキーは存在しない。

だから猿山のボスのような、集団を支配する絶対的な個体もまた存在しない。

ただ猫は習性として強い縄張り意識を持ち、その領域にほかの猫が侵入してくると排除しようとする。

一般的にオス猫は縄張り意識が強く、その範囲はメス猫の3~5倍にもおよぶといわれている。


1607012-069.jpg

また去勢されていないオス猫は、去勢されているオス猫に比べておおよそ2倍の縄張りを持つとされている。

ただ、人から給餌されている猫の場合は、食べ物を探す必要がないので縄張りの領域は狭くなる。


1607012-070.jpg

1607012-071.jpg

だから多くの海岸猫は強固な縄張りを持っていないが、それでもやはりほかの猫を寄せつけないスペースというものがある。

それは我々ニンゲンにも他人に近づかれると不快に感じる『パーソナルスペース』という領域を持っているからおおよそのことは想像できるだろう。


1607012-083b.jpg

1607012-084b.jpg

シロベエの場合は、エリアの中心にある駐車場が縄張りであり、生え抜きの海岸猫がいなくなってからはその領域を固守している。

だから縄張りを侵犯した幼いキジ白を、シロベエがすんなりと受け容れるとは思えないのだが‥‥。



1607012-036.jpg

1607012-037.jpg

キジ白が潜り込んだ車のところへ戻ってみると、身を低くかまえ、忍び足で車の下から出てくるキジ白の姿が目に入った。


1607012-038.jpg

1607012-039.jpg

キジ白は周囲の物音に耳をそばだてながら、慎重な足どりで猫缶が入ったトレイに近づいてくる。


1607012-040.jpg

1607012-041.jpg

何か胡乱な物音を捉えたのだろう、猫缶をひとくち口にしたところで、キジ白は警戒のこもった鋭い視線を私の背後に投げかける。

しかし悲しいかな、鈍麻したニンゲンの聴覚ではその音がなんなのか判別できない。


1607012-044.jpg

1607012-045.jpg

1607012-046.jpg

それにしても食事中にこうも気を張りつめてばかりいたら、食べ物の味も分からないのでは、と私などは思ってしまう。


1607012-047.jpg

1607012-048.jpg

1607012-049.jpg

やはり周りの様子が気になるのか、キジ白はトレイから顔を上げると、大きく眼を見開いて周囲を見まわし始める。


1607012-074.jpg

1607012-075.jpg

その視線は眼の前にいる私に向けられているのではなく、明らかに別の何かに焦点が合わされている。

私もキジ白の視線を辿ってあたりを見まわしてみたが、それらしき対象は確認できなかった。


1607012-085.jpg

1607012-086.jpg

1607012-076b.jpg

ニンゲンの手によってここへ捨てられた幼いこの子の眼は、これまで何を見てきたのだろう?

産んでくれた母親のことや、一緒に生まれてきたきょうだいのことは覚えているのだろうか?

そして‥‥、


1607012-077.jpg

1607012-078.jpg

その家族と無理やり引き離されて見知らぬ場所へ連れてこられたときのことは覚えているのだろうか?

それまで信じていたニンゲンに、ゴミのごとく捨てられた現実がこの小さな心に深い傷を残しているとしたら、そしていまだに血を流しているとしたら、とても遣りきれない。


1607012-079.jpg

1607012-080.jpg

前かがみの姿勢で、足早に車の下へ戻っていくキジ白の後ろ姿を見送りながら私は思った。


1607012-081.jpg

1607012-082.jpg

手酷い裏切りにあったこの幼い猫に今必要なのはおそらく、猫缶などではなく温かい愛情なのだろう、と。


1607012-087.jpg

1607012-088.jpg

駐車場の一画で動くものがあったので視線を移すと、茶トラ猫のシンゲンの姿があった。


1607012-089.jpg

シンゲンはけっして愛想のいい猫ではない。

つまりは私の訪問を知って姿を現したわけではない、ということだ。


1607012-090.jpg

1607012-091.jpg

近づいた私には一顧だに与えず、完全に黙殺していることからもほかに目的があってやってきたに違いない。


1607012-092.jpg

シートの上にいるシロベエに向かってシンゲンは鳴いた。とても小さく、かわいい声で。


1607012-100.jpg

シロベエは片方の耳をわずかに動かしただけで、眼を開けようともしない。

その強面の相貌とは裏腹に、力関係では一方的にシロベエに押え込まれているシンゲンだからシロベエの動向は常に気になるのだろう。

それでシロベエのご機嫌をうかがうために一声かけたのかもしれない。


1607012-093.jpg

駐車場を通行する許可をシロベエから得たと思ったのだろうか、シンゲンはその場で身体をくるりと反転させた。


1607012-094.jpg

1607012-095.jpg

やがてシロベエからあるていど離れた場所までくると、シンゲンはいきなり大きな鳴き声をあげた。


1607012-096.jpg

1607012-101.jpg

そして、さらに大きな声で “吠えた”。

もしかしたら「シロベエの奴デカイ態度しやがって、今に見ていろ!」などと陰口をたたきながら、捲土重来を目論んでいるのかもしれない。


1607012-098.jpg

1607012-099.jpg

私の眼から見れば、やはりシロベエの態度は解せない。

なんとなれば、以前のシロベエならシンゲンの姿を見ただけで執拗に威嚇して、自分の縄張りである駐車場にけっして侵入させなかったのだから。


1607012-102.jpg

牢名主よろしく一段高いシートの上で安楽そうに横たわっているシロベエだが、このエリアにおける彼のポジションになんらかの変化があったのかもしれない。

私がうかがい知ることのできない水面下で‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

鍵コメYさんへ

ご無沙汰しています。

数年前に温かいメールを頂いたことよく覚えています。

Yさんの身には、それからいろんな出来事があったのですね。
とくに悲しい別れが相次いだこと、心よりお悔やみ申し上げます。

お尋ねの実家に現れたキジトラの子ですが、
叔母の話だとその後も定期的に通ってきていたのですが、
しだいにその間隔があいて週に一度くらいの頻度に減ったそうです。
ただ元気にしている姿を目撃していることから
ほかの家で食事を与えてもらっていると思われます。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~