プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

シシマルエリアの変事 (後編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



シンゲンは駐車場を出ると、道路をゆっくりと横切っていく。

1607012-103.jpg

向かっている先にはこのエリアのエサ場がある。おそらくシンゲンはそこへ行くつもりなのだろう。


1607012-104b.jpg

1607012-105b.jpg

このエリアの給餌は週末には朝夕の2回だが、平日は朝だけだと聞いている。

だから猫たちが空腹をうったえないために、エサ場には常にキャットフードを置いてある。


1607012-106.jpg

1607012-107.jpg

私が予測したとおり、シンゲンは真っすぐにエサ場へ行くと、餌の入った食器に鼻先を突っこんだ。

そのとき、背後から猫の大きな鳴き声が聞こえてきた。


1607012-114.jpg

1607012-115.jpg

駐車場に戻ってみると、キジ白が車の下から顔をのぞかせていた。


1607012-116.jpg

1607012-117.jpg

キジ白の鳴き声が駐車場に響きわたる。

しきりにあたりを見まわしているが、キジ白の周りには私がいるだけでほかには誰もいない。


1607012-118.jpg

1607012-119.jpg

私が思うに、この幼い海岸猫は特定の相手に何かを訴えているわけではなく、情動に突き動かされて鳴いているのだろう。

その情動が惹起したのは、自分が置かれた過酷な現実、それを冷静に見定め受け容れることができないでいることが原因かもしれない。


1607012-108.jpg

ふたたびエサ場へ行ってみると、食事を終えたシンゲンがのっそりと姿をあらわした。


1607012-109.jpg

目の前でカメラを構えて立っている私を警戒しているようで、鋭い眼差しで睨みつけている。

一度は気を許し身体をすり寄せてきたシンゲンだが、その後私の訪問頻度が少なくなったためにすっかり信頼を失ったようで、会うたびにこうして胡乱な視線を向けてくるようになった。


1607012-110.jpg

断続的に聞こえてくるキジ白の声が気になるのだろう、シンゲンは耳をそばだて駐車場の方を凝視しはじめた。

だがシンゲンの位置からは、死角になっていてキジ白の姿は見えない。


1607012-111.jpg

1607012-112.jpg

キジ白の鳴き声にどう反応するのか見極めるつもりでカメラを構えて待っていると、シンゲンは突然駆けだし、私の目の前を疾走していく。


1607012-113.jpg

そして近くの民家の敷地のなかへ姿を消してしまった。

おそらく私を警戒しての行動だろうが、シンゲンにここまで不信感を抱かせるようになった原因に私自身はとくに心当たりはなく、首を傾げるばかりだ。


1607012-120.jpg

1607012-121.jpg

駐車場に戻ってみたら、キジ白はさきほどと同じ車の下に腹ばいになり、思い出したようにときおり小さな鳴き声をあげている。


1607012-122.jpg

やがて視軸を固定して一点を見つめはじめたが、そこにはただ雑草が生えた地面があるだけで、猫が興趣をそそられるようなものは何もない。

ということはつまり、キジ白は何かを見つめているようだが、しかし実際は何も見ていないのだ。


1607012-123.jpg

1607012-124.jpg

ファインダー越しにキジ白を観察していると、しだいにとろんとした表情になり、瞼がじりじりと降りてきた。

このあたりはニンゲンの子どもと一緒で、おおかた泣くのに疲れて眠くなったのだろう。

私は上体を起こすと、できるだけ音を立てないようにその場から離れた。


シンゲンがいなくなりキジ白も動かなくなったのでシロベエの様子をうかがうと、シートの上に姿はなく、さらに周囲を捜しても見つからない。

そこで私は駐車場をあとにして、海岸の方へ捜索の範囲を拡げることにした。

すると‥‥。


1607012-125.jpg

1607012-126.jpg

倉庫様の建物の裏にまわってみたところ、シロベエはそこにいた。

自分の縄張りである駐車場を離れて何をするつもりなのかと訝っていたら、シロベエは使いこまれた金属製のテーブルにおもむろに前足をかけた。


1607012-127.jpg

1607012-128.jpg

そしてそのまま脱臼した右後ろ脚で軽く跳躍すると、テーブルの天板によじ登った。

こういう動きを見ると、機能しなくなった股関節を周りの筋肉が補っている様子がうかがえる。


1607012-129.jpg

1607012-130.jpg

それにしても縄張りとして固守する駐車場ではなく、どうしてこんな場所でくつろごうと思ったのだろう。

近づいてきたキジ白を避けるようにその場を去った先ほどの態度といい、私の印象ではどうもシロベエはあの新参の海岸猫を苦手としている風に見える。


1607012-131.jpg

1607012-132.jpg

しかし膂力にしろ胆力にしろ、小さなキジ白よりはるかに勝っているシロベエの方が何故忌避するのだろう?

「ひょっとしたら‥‥」私の脳裏にある考えが浮かんだ。


1607012-133.jpg

1607012-134.jpg

その考えとは、同じ捨て猫であるシロベエにとって、キジ白の悲痛な叫び声は自分の辛い体験を想起させる動因だったのかもしれない、というものだ。


1607012-135.jpg

1607012-136.jpg

私もそうだが、ニンゲンだって思い出したくもない辛い過去の出来事を追体験させられるような事象には耳を塞ぎ目を背けたくなるものだ。

基本的には気散じな猫にしても、生死に関わるような災厄は記憶の印画紙にしっかりと焼き付けられて、事あるごとに意識の表層に浮かびあがってくるのではないだろうか。


1607012-137b.jpg

やがてシロベエは眠りについた。

猫もニンゲン同様に眠っているあいだは『レム睡眠(浅い眠り)』と『ノンレム睡眠(深い眠り)』をくり返していることが分かっている。

つまり猫もレム睡眠のときに夢を見ている可能性が高いのだ。


1607012-138.jpg

もしかしたらシロベエは自分が海岸へ遺棄される前の夢を見ているのかもしれない。

母親や一緒に生まれた兄弟たちとしあわせに暮らしていた頃の光景を‥‥。


scenery160712_03.jpg

scenery160712_04.jpg

今回私が目にしたシシマルエリアのささいな出来事は、このエリアの海岸猫たちの関係性が大きく様変わりする予兆にすぎなかった。

ただしその事実を私が知るのはずっとあとになってからだ。



〈了〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

おはようございます。

キジ白の仔猫がかわいそうで仕方がありません。

人間が捨てたこなのでしょうか?

そのような残酷なことをする方がいるのですか?

非常に残念ですね。

不安な鳴き声を聞くのは辛いですね。

Miyuさんへ

ニンゲンが遺棄

哀しげな鳴き声は聴く者を切ない気持ちにさせます。

幼い猫がたったひとりで交通量の多い国道を越えて海岸へ来ることは
常識的には考えられませんから、迷い猫ではなくニンゲンが遺棄したはずです。
なので、同じニンゲンとして申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

No title

つらい体験は、僕だって思い出したくないし、したくない……。
猫ちゃんたちだって、そうでしょうに……。

都香ゲ ねこさんへ

初めまして。

野良猫の多くはたいてい辛い目に遭っています。
そもそも外で暮らすことを強いられていることで、
本来ならしなくていい苦労をしている訳ですから。

なのでニンゲンを警戒する野良猫に遭遇したときなどは、
この子はどんな酷い目に遭ったのだろう、とつい想像して、
不憫に思います。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~