プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

灰シロ猫後日譚 (後編 1)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



生後2、3ヵ月のときに家族と引き離されて、海岸へ捨てられたテル。

猫の生後2、3ヵ月といえば、ニンゲンの年齢に換算すると母親の愛情をもっとも欲する3歳から5歳にあたる。

それがそのまま仔猫の場合にあてはまるかどうかは分からないけれど、不安と寂しさで心許ない思いをしていることは間違いないだろう。


TERUstory_159.jpg

そしていきなりこんな境遇におとしいれられたテルが同じエリアに住むリンに思慕を寄せるのは、リンの中に生き別れた母の似姿を見ているからだと私は思っている。


TERUstory_147.jpg

TERUstory_148.jpg

ところがリンは新参者のテルをエリアから追い出さないけれど、テルの想いを受け入れようともしない。


TERUstory_149.jpg

TERUstory_150.jpg

テルが何度も接近をこころみているが、リンはかたくなに拒みつづけている。


TERUstory_151.jpg

TERUstory_152.jpg

そのリンがテルに近づいてくる。

テルはリンの姿を認めるやいなや、レンガ道から外れ姿勢を低くして身がまえる。


TERUstory_153.jpg

TERUstory_154.jpg

当然リンはテルの存在に気づいている。なのに、まっすぐテルに向かってくる。

これまで何度も目撃しているリンとテルの追走劇がまた始まるのだろうか。


TERUstory_155.jpg

やがてリンは1メートルほどの距離まで近づくと、ついと立ち止まり道ばたにいるテルを睨みつける。


TERUstory_156.jpg

するとリンの視線に気圧されたのか、テルはきびすを返してすごすごとその場をはなれた。


TERUstory_157.jpg

TERUstory_158.jpg

リンは悠然とした足取りで私の足元を通り過ぎてテルのあとを追っていく。


TERUstory_160.jpg

TERUstory_161.jpg

そのとき、レンガ道の奥からひとりの男性が現れた。

いち早く男性の姿を認めたリンがまずその場に立ち止まった。そしてテルも動きを止める。


TERUstory_162.jpg

TERUstory_163.jpg

見知らぬニンゲンにはむやみに近寄らない、という習性を野良猫は持っている。

そしてもし相手が近づいてきたら逃走可能な距離を常にたもつ、という習性をも持っている。

これらの習性は、たいていの場合後天的に刷りこまれる。


TERUstory_164.jpg

遺棄されるまでの2、3ヵ月を家族とともにニンゲンの家で過ごしたテルは、だから人懐こい。

またリンにしても、結局は飼い主であるホームレスが海岸を去るときに置き去りにされたが、生まれてからの3年間をニンゲンと暮らしたので警戒心が薄い。

そんなふたりがニンゲンへの警戒心や猜疑心をあらためて持つようになったのは、それだけこの海岸が猫にとって危険だという証左だろう。


TERUstory_165.jpg

TERUstory_166.jpg

目撃される恐れがすくない海岸では、街中より大胆でむごい虐待が猫に対しておこなわれる。

この海岸には街灯がなく、それがために日が暮れると薄闇につつまれ、ひと気もなくなる。

だから卑劣なサイコパスどもは夜陰に乗じて犯行におよぶのだ。

実際、私がボランティアやホームレスの人たちから聞かされただけでも、エアガン、クロスボウ(ボウガン)などの有害玩具を使用して海岸猫を殺傷した事件が過去に何件も起こっている。

それらの事件の概要は耳を疑うほど悪質で残虐なものだ。


TERUstory_167.jpg

TERUstory_168.jpg

今はこうして元気にしているリンやテルにも、いつ何時サイコパスどもの魔手が迫るか分からない。

そしてその犯行を防ぐことは誰にもできない。

なんとなれば四六時中海岸猫たちを見守ることは不可能だからだ。


TERUstory_169.jpg

TERUstory_170.jpg

老練なリンは身を隠すのも巧妙なようで、テルは間近に来るまでリンの存在に気づいた素振りを見せなかった。

思いがけなかったのだろう、リンの姿を認めるとテルはちいさな鳴き声をあげた。


TERUstory_171.jpg

TERUstory_172.jpg

リンはいきなり身体を起こすとテルめがけて突進した。テルは慌てて身をひるがえす。


TERUstory_173.jpg

TERUstory_174.jpg

テルが逃げ、リンがそのあとを追う。さきほど中断された追走劇の再開だ。

テルは必死に逃走している風なのだが、リンは本気でテルに追いつこうとはしていない。


TERUstory_175b.jpg

TERUstory_176b.jpg

それを裏付けるように、テルがそのままの勢いで灌木の茂みへ走りこんでもリンはあとにつづかず一旦立ち止まり、それからおもむろに茂みの中へ足を踏み入れた。


scenery16ts_13d.jpg

scenery16ts_14.jpg

私はふたりのように灌木を抜けられないので、近くにある踏み分け道を使うことにした。


TERUstory_177.jpg

進んでいくと、踏み分け道のまん中で腹ばいなっているテルの姿があった。

そこへリンが現れると、泰然とした足取りで近づいてきた。


TERUstory_178.jpg

TERUstory_179.jpg

リンはテルと目を合わさず、ゆっくりと踏み分け道から外れていく。

私の眼にはそのリンの行動があからさまにテルを無視しているように映った。


TERUstory_180.jpg

そのままテルをやり過ごすかと思われたリンだったが、やおら方向を変えるとテルに近づいていく。

「リンはいったい何をするつもりなんだ?」私はいぶかった。


TERUstory_181.jpg

TERUstory_182.jpg

TERUstory_183.jpg

どうやらリンの行動を不審に思ったのは私だけではないようだ。

テルも戸惑ったのだろう、慌てて身体を起こすとリンから離れていった。


TERUstory_184.jpg

TERUstory_185.jpg

TERUstory_186.jpg

リンがテルに対して敵意や悪意を持っていないのはその態度から明白だ。

では友好的かと問われると、これまでの経緯を知っているだけに素直にうなずけないのもまた事実だ。


TERUstory_187.jpg

TERUstory_188.jpg

おそらくテルも私と同じようにリンの真意を計りかねているのだろう、視線の定まらないうつろな表情をしている。


TERUstory_189.jpg

やがてテルはおもむろに起き上がると、静かにその場から立ち去っていく。

それを見たリンは身体を低くしてじりじりと前進しはじめた。

そして‥‥。


TERUstory_190.jpg

TERUstory_191.jpg

リンはテルを目がけて跳躍し、そのままテルのあとを追う。

リンの動きを察知したテルも駆けだした。そうしてふたりはもつれあうように灌木の奥へ姿を消した。


TERUstory_192.jpg

すぐに何かを引っかくような音が聞こえてきた。

音のする方を見ると、まず松の木に登ったリンの姿が目に入った。


TERUstory_193b.jpg

TERUstory_197.jpg

さらにその上を見ると、樹上にテルがいた。リンから逃れるためにとっさに近くの木に登ったのだろう。


TERUstory_196.jpg

そのとき、私の頭に出し抜けに閃くものがあった。

「そうか、そういうことだったのかもしれない‥‥」さっきリンがテルの背後から近づいていったその理由が私には分かったような気がした。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~