プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
おきてがみ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

死線上の猫 (前編)

Ranking site
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 



リンエリアからの帰途、私はにわかに信じがたい光景を目にする。

いつもなら海岸沿いの道から帰るのだが、この日はとくだんの理由もなく防砂林をはさんだ反対側の国道をつかって家路についた。

日没がせまる国道、その脇のせまい歩道を私は西へむかって自転車のペダルを漕いでいた。

歩道の端に転がっている “その白っぽいもの” は、ずいぶん前から私の視界に入っていたはず。

だけどそんなところに落ちているのは、たいてい故意に捨てられたか、風で飛ばされた “ゴミ” なので、私の注意を喚起しなかったのだろう。


ところが‥‥。


数メートル手前でそれがゴミなどではないことに、私は気がついた。






170809_001d.jpg

「猫だ!」 私は覚えず声をあげて、自転車のブレーキレバーを握った。

その白っぽいものは猫だった。ひとりのキジ白猫が歩道の隅に横たわっていたのだ。


170809_002b.jpg

170809_004.jpg

私は自転車から降りて、キジ白猫から2~3メートルほどのところにしゃがみこむ。

このキジ白は初めて見る子だ。

最近遺棄された捨て猫なのだろうか、それともどこかから流れてきた迷い猫なのだろうか。


170809_003.jpg

私はキジ白猫に話しかけた。「お前はどこから来たんだ? それにどうしてこんなところにいるんだ?」

だがキジ白はうつろな眼で私をちらりと見ただけで、口をつぐんでいる。


170809_010.jpg

キジ白の背後にある国道はこの時刻、交通量がおおく、バイクから大型自動車まで様々な種類の車両がひっきりなしに往来している。

こんな状態の道路を猫が横断しようとしたら、高い確率で車に轢かれるだろう。


170809_005b.jpg

170809_006b.jpg

現にこの国道では、これまでたくさんの外猫が交通事故によって非業の死を遂げている

だから不用意な行動でこの子を驚かせ、道路へ飛びださせるような事態だけは絶対に避けなければならない。


170809_007b.jpg

170809_008b.jpg

キジ白はやおら起きあがると、足速にこちらにむかって歩いてきた。

「え‥‥? 」 私は思わず腰をうかす。


170809_009.jpg

キジ白は私の脚に身体をすり寄せてきた。

念のためにもう一度言っておくけれど、私とキジ白とは間違いなくこのときが初対面だ。


170809_019.jpg

170809_021.jpg

170809_012b.jpg

私は直感した、捨て猫か迷い猫かは判然としないけれど、この子はそれなりの期間ニンゲンと親密に関わっていたことがある、と。


170809_011.jpg

170809_013b.jpg


そのとき、防砂林の方から猫の鳴き声が断続的に聞こえてきた。

走行車の騒音をかき消さんばかりの大きな声だ。


170809_014.jpg

170809_015d.jpg

立ち上がって防砂林の中を探ってみると、黒シロ猫と目があった。

この黒シロとも今回が初見だ。


170809_022b.jpg

黒シロは冷ややかな視線を私に投げかけてくる。

その双眸からは、キジ白からは感じられないニンゲンへの警戒心と猜疑心が見てとれた。


170809_057.jpg

キジ白と黒シロ、ふたりはこのエリアの防砂林で一緒に暮らしているのだろうか。

もしそうであるならどこかにエサ場があり、世話をしているボランティアさんがいるはず、しかしそのような場所も人物も私には心当たりがない。


170809_017.jpg

170809_018.jpg

それにしてもこの人なつこいキジ白は、どういう理由があってこんな剣呑な場所にいるのだろう。


170809_023.jpg

170809_024.jpg

見るに見かねた私は、キジ白を抱きかかえて国道からはなれた場所に移動する。

そして、「もう道路に近づくんじゃないよ」 と言いきかせながらキジ白を地面におろした。


170809_054.jpg

170809_055.jpg

170809_056.jpg

さらに 「友だちのいる防砂林のなかへ入りな。そこなら安全だから」 と私はキジ白に言った。


170809_025.jpg

170809_026.jpg

しばらくはその場にとどまっていたキジ白だったが‥‥。


170809_027b.jpg

170809_028b.jpg

やがて何かを思い出したように、国道へ向かって歩きはじめる。


170809_029.jpg

170809_030.jpg

そうしてキジ白は国道までの距離が10メートルほどになったところでとつぜん歩を止めると、その場に座りこんだ。


170809_031.jpg

「それ以上近づくんじゃないぞ」 私は心持ち語気をつよめてキジ白の背中に声をかけた。


170809_032.jpg

170809_033.jpg

だが私の言葉が理解できなかったのか、キジ白は国道への距離を5メートルにまで縮める。


170809_034.jpg

さらに国道へ近づこうとするキジ白、私はたまりかねてその進路に立ちふさがった。


170809_035c.jpg

170809_036b.jpg

するとキジ白は私の足元にごろんと寝ころがり、またもや甘える仕草を見せる。

遊んでほしいと言っているのだろうか? それとも “ワタシを通して” と懇願しているのだろうか?

地面に横たわったキジ白を見ているうちに、私は急に切ない気持ちになった。

どうしてそんな感情が湧いてきたのか、このときは自分でもよく分からなかったのだが‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

ブログ村のお気に入りから参りましたf^^
キジ白ちゃん、優しいwabiさんに安全な場所に連れてこられてよかったです(*´▽`*)ホッ
キジ白ちゃんにとって その国道には大切な何かがあるのでしょうかね!?
でもゴロリンは危険な場所では出来ないですよね^^
解ってくれそうなwabiさんだと察して
安心して(何か伝えたくて)甘えたのかな・・・!?
次回が気になります~~~(*^・^*)b☆ミ

yumitaさんへ

やはり心配です

yumitaさんからは以前、ベランダの鳩のことでコメントを頂いた記憶があります。

さて‥‥。
私はこれまで多くの海岸猫と出会ってきましたが、初対面で抱っこできた子はあまりいません。
なのでこのキジ白がどんな生い立ちで、いまどんな境遇にいるのか興味を覚えました。
推測できるのは、この子がこれまでニンゲンと深い関わりを持っていたことです。
外で暮らす子には珍しく、穏やかな風情で、飢えている様子もありませんでしたから。

でも交通量のおおい国道のそばにいるのを見ていると、やはり心配です。
何かに驚いて道路に飛び出すことだってあり得ますし‥‥。

No title

お久しぶりです。
その子はたぶん、ホームレスの方が飼っているんだと思います。
国道沿いなので、交通事故が心配です。

ケンさんへ

いわくのある場所

ケンさん、本当にお久しぶりです。
どうしたのだろうと案じていましたが、お元気そうで、安心しました。

ケンさんにはいつか海岸で会えるだろうと思っているのですが、
なかなか実現しません。
もし海岸で猫を懸命に追いかけている変なオヤジを目にしたら、
ためしに声をかけてみてください。(笑)

さて、ケンさんもご存知のようにこのエリアは以前からいわくのある場所で、
防砂林の中の住人が猫を飼っている風はありました。
しかしその住人の“飼う”と世間一般の“飼う”には隔たりがあり、
ただエサを与えているとしか思えませんでした。
以前ここにいた猫に不妊手術を受けさせたのは、長年海岸猫の世話をしている
“Iおばさん”でしたから。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~