プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

病魔 (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



午後10時、私は海岸沿いを走る国道の脇にいた。

その国道の向こう側に広がる防砂林は今、深い夜の闇に溶けこんでいる。

scenery170402_11.jpg

こんな遅い時刻に海岸へ来たのには、もちろんそれなりの理由があってのこと。

実はこれより15分ほど前に一本の電話が私のもとにかかってきた。


scenery170402_04c.jpg

scenery170402_05b.jpg

相手はリンエリアのボランティアである松田(仮名)さん。

松田さんとはたまに海岸で会うことはあっても電話で話したことは過去に1、2度だけ、それに加え午後9時半過ぎという遅い時間に、私は嫌な予感を覚えながらキーを押した。


scenery170402_19.jpg

scenery170402_06b.jpg

「あ、もしもしwabiさん‥‥」という松田さんの声は聞き取りにくいほどかすれている。

小声というより、ややくぐもった声音だ。

私は不吉な予感が現実になりかけている不安を抑えながら、努めて冷静に「何かあったんですか? 」と訊いた。


scenery170402_17.jpg

scenery170402_18.jpg

すると松田さんは「リンちゃん、もうダメかもしれない」と涙声で言った。

続けて「もう3日もご飯を食べないで、小屋から出てこないの」と言う。

さらに「わたしたちのリーダーの大塚さん(仮名)は野良猫は自然にまかせる考えだから、病院には連れていかないで、このまま死んでしまったらエサ場の近くに埋葬するつもり」と松田さんはすすり泣いた。


scenery170402_10b.jpg

連絡をくれたことへの礼を松田さんに述べて、私は電話を切った。

そして私はすぐに服を着替えて自宅を出ると、海岸へ向かって自転車のペダルを漕いだ。


scenery170402_21.jpg

scenery170402_13.jpg

防砂林に設置された数少ない街灯の明かりがとどかない領域、そこは闇が支配する世界である。

私は自転車から降りると、小さなライトで足元を照らしながらリンエリアのエサ場へむかって歩いていった。


scenery170402_20.jpg

私がエサ場に近づくと、猫ハウスの中から小さな影が飛び出して離れたところにある別のハウスにもぐり込んだ。

その影の正体はリンだった。どうやら私を知らないニンゲンと勘違いして驚いたようだ。


scenery170402_14.jpg

scenery170402_08b.jpg

松田さんの話からてっきり危篤状態だと思っていたのでリンの動く姿を見て、私はほんの少し安心した。

ところが私だと分かってからも、リンはハウスから出てこようとしない。


scenery170402_09.jpg

知り合って5年になるが、こんな状態のリンを見たのは初めてだった。

そもそも小屋の中にこもっているリンを見たことなどこれまでに一度もなかったのだから。

重篤ではないにしてもやはり彼女の具合はかなり悪そうだ。

私がハウスに中へ手を差し入れて身体を撫でると、リンは甘えるように小さな鳴き声をあげた。


scenery170402_12b.jpg

私の手のひらに伝わってくる体温は高く、リンは明らかに発熱の症候を示していた。

猫は怪我をしたり病気になると、じっと動かないで回復するのを待つ習性をもっている。

リンもその習性にしたがって、今はただおとなしくしているのが最善の方法だと承知しているのだろう。


scenery170402_16b.jpg

リンが重体なら最期を看取るつもりでキャリーバッグを持参してきていたが、病状がそこまでではないことが分かったので、この日の保護は見合わせることにした。

「リン、またあした来るから、それまでしっかり休むんだよ」と言って、私はエサ場をあとにした。

* * *

そして翌日‥‥。

170402_001b.jpg

170402_002.jpg

リンはエサ場近くの猫ハウスの中で横たわっていた。

昨夜と同じように、私が名を呼んでもまったくといっていいほど反応を示さない。


170402_003.jpg

入口から垣間見えるリンの表情は精彩を欠き、とくに瞳からは生気というものが失われている。

リンの身体を触ってみると、熱はまだ下っていなかった。

病魔におかされた彼女は、今もこうしてそのやまいと懸命に闘っているのだ。


scenery170402_01b.jpg

私はそれから、猫ハウスの前に腰をおろして、リンの身体をさすりながら色々な話をした。

リンと初めて会ったときのこと、子どもを紹介してくれたときのこと、2回目に出産した4にんのうちふたりを里子にだしたときのこと、そしていなくなったほかの子どもたちの消息について‥‥。

リンとの思い出はいっぱいあり過ぎたし、私の頭もいささか混乱していて、時系列を無視した脈絡のない情景が次からつぎに浮かんでは消えていった。


それから4、50分ほど経ったころ、やはりリンのことが気になっているのだろう、電話をくれた松田さんがエサ場にやってきた。

170402_004.jpg

松田さんがサキに食事を与えていると、リンが小屋から出てきて一緒に皿に盛られた猫缶を食べはじめた。

それをみた松田さんは「3日振りにリンちゃんがごはんを食べてくれた」と歓喜の声をあげる。


170402_005.jpg

松田さんの喜びに水を差すつもりはないが、回復の兆しがあらわれたのは一時的なものかもしれず、それを暗示するかのようにリンの食欲は完全に戻っていない。

3日振りに食事をしたにしては猫缶にほんの少し口を付けただけで、その場から離れてしまったからだ。


170402_006b.jpg

170402_007b.jpg

170402_008b.jpg

リンはそれから、軽くあいさつを交わした娘のサキを見送ると、その場にじっとたたずんだまま動こうとしない。


170402_009c.jpg

170402_010c.jpg

170402_011c.jpg

しばらくそうしていたリンだったが、私が彼女の前方に回りこむと、おもむろに歩を進め、私のそばまで来るとその場に腰をおろした。


170402_012b.jpg

170402_013b.jpg

リンの視線はサキに注がれている。

自分が病身であっても娘のことが気にかかるのかもしれない。


170402_014c.jpg

170402_015c.jpg

あたりを見まわすリンの眼光に気迫のようなものが戻ってきたように、私には感じられた。


170402_016b.jpg

本来の状態にはまだほど遠いが、リンの身体は徐々に回復しているのだろうか。


170402_017.jpg

リンはやおら身体を起こすと、ゆっくりと歩きはじめた。


170402_018.jpg

170402_019.jpg

その足付きは普段のリンからすれば緩慢で、地面の踏み具合を確かめているような歩きかただ。


170402_020b.jpg

リンが向かっている前方にはサキがいる。やはり娘の様子が気がかりなようだ。


170402_021.jpg

170402_022.jpg

松田さんに言わせると、この3日間ハウスの外に出たリンを見たことがなかったそうだから、やはりリンの病状は軽快に向かっている可能性がある。


170402_024.jpg

近づいてきたリンに対してサキはやや遠慮がちな反応を示す。

母の様子が普通ではないことを、おそらくサキは本能的に感じ取っているからだろう。


170402_025.jpg

170402_026.jpg

サキが何をしていたのか私も気になったので、近づいてよく見てみると、キャットフードの空缶が地面に転がっていた。

さっき食事を終えたばかりのサキが猫缶の匂いに誘われたとは考えにくいので、おそらく空缶そのものか、なかに虫か何かがいて、それに興味を示していたのかもしれない。


170402_027.jpg

170402_028.jpg

だがリンにはただの空缶としての価値しかなかったようで、なかを一瞥しただけですぐにきびすを返した。


170402_029.jpg

170402_030.jpg

リンはエサ場近くまでもどり地面にうずくまると、さきほどと同じようにサキに視線をおくる。

普段のリンならサキと行動をともにするのだが、そうしないところをみるとまだ身体が思いどおりに動かないのだろう。


170402_032.jpg

170402_031.jpg

ただリンの表情を見る限りにおいては、さきほど見せた気力のようなものが、さらにはっきりとした形をとってきているように思えた。

少なくともこのときは‥‥。


170402_033.jpg

170402_034.jpg

松田さんはリンにそばにかがむと、「リンちゃん元気になって良かったね」と言いながらリンの身体を優しく撫でる。

その様子を眺めていた私も、リンが早く全快してくれることを願わずにはいられない。


振りかえるとサキの姿が消えていたのであたりに視線をめぐらせると、彼女は意外な場所にいた。


170402_035.jpg

いつの間に登ったのか、地面から3メートルほどの高さに渡された防砂フェンスの胴縁の上から下界を見おろしている。


170402_036.jpg

170402_037.jpg

それからサキは、直径10センチほどの胴縁パイプの上をゆっくりと進みはじめた。

このフェンスを設置したひとは、まさかこのように野良猫にキャットウォークとして利用されるとは考えてもいなかっただろう。


170402_038.jpg

170402_039.jpg

170402_040.jpg

この光景は以前にも見たことがある。ただしそのときはサキではなくリンだったが。

そのときの模様は 『パフォーマンス(中編)』 と 『パフォーマンス(後編 1)』 を参照されたい。


170402_041b.jpg

170402_043b.jpg

サキは胴縁パイプの行き止まりまでくると、下を見おろしながら鳴き声をいくどか発した。

いったい誰に向かって、何を伝えようとしているのだろう。

ここ数日、小屋で寝てばかりの母の変調に心をくだき、「母さん、はやくもとのように元気になってよ」とでも言っているのだろうか?


170402_042b.jpg

170402_044.jpg

やがて遠くを眺望するようにあたりを見まわすと、サキはいきなりアルミ製のボックスに身体を擦りつけた。

マーキングのつもりなのか、懸念をかかえた感情を転換するための転位行動なのか、私には判断がつきかねる。


170402_045.jpg

170402_046.jpg

サキはそれから、いきなり後ろ足のグルーミングをはじめた。

猫のグルーミングは顔を手始めにして、徐々に下へ移動し最後にお尻に至るのが通常だ。

その順番をたがえていきなり後ろ足を舐めるというサキの行為、これはおそらく転位行動だろう。


170402_047.jpg

170402_048.jpg

高所を好む猫にしても、足元が不確かな細いパイプの上ではさすがに気が張りつめるのかもしれず、そんな様子のサキを見ている私にもその緊張が伝わってきていささか心配になってきた。

サキはどうやって地面に下りるつもりなのか、彼女はその手段を知っているのだろうか。


170402_049.jpg

170402_050.jpg

が、そんな私の心配は杞憂に過ぎなかった。

サキはフェンス近くに張りだした松の枝に前足をかけると、巧みに乗りうつる。


170402_051.jpg

170402_052.jpg

これも以前リンが取った方法とまったく同じで、おそらくサキは母の行動を見て学習したのだろう。


170402_053.jpg

以前のサキには木登りの苦手な猫という印象をもっていたが、それはただ幼かったからであり、やはり木登り巧者のリンの血は娘に正当に伝搬されているんだな、と認識をあらたにした。


170402_054.jpg

170402_055.jpg

そして 『血は争えない』 とか 『蛙の子は蛙』 いう諺は、猫にも当てはまるということも教えられた。


170402_056.jpg

しかし木を登るのが得意な猫でも、下りるのはぎゃくに苦手としているので、サキが地面に到達するまで油断はできない。

松田さんも私とおなじ気持ちなのだろう、不安げな表情でサキを見あげている。


170402_057.jpg

170402_058.jpg

だけどやはりリンの特質を継承しているサキ、足運びはなるほど慎重だったが、難なく着地した。


170402_059b.jpg

170402_059c.jpg

ほんの少量とはいえ、リンが3日振りに食事を摂ってくれて安堵したからだろう、帰っていく松田さんの足取りがこころもち軽やかに感じられた。


170402_061.jpg

170402_062.jpg

灌木の下で、猫がリラックスしているときに見せる香箱をつくっているサキだが、裏腹にその表情は険しい。

やっぱり母のことが心にかかっているせいだろう。


170402_063.jpg

170402_064.jpg

やがてサキは踏み分け道に出ると、松田さんのあとを追うように防砂林の入口へ向かってゆっくりと歩きはじめた。


170402_065.jpg

170402_066.jpg

いつも一緒に行動する母がいないせいなのか、サキの足取りはいくぶん重い。


170402_067.jpg

170402_068.jpg

そうして防砂林の入口に腰を下ろしたサキは、レンガ道の先を見つめはじめる。

リンとサキは顔見知りのひとが帰途についても、そのあとを追いかけたりはしないが、こうして去った方角をしばらくのあいだ名残惜しそうに見つめることがある。


170402_070.jpg

サキは松田さんがまた戻ってきてくれないかな、と思っていのかもしれない。

私はリンのことが気がかりだったので、もう一度エサ場へ行ってみることにした。

すると‥‥。


170402_060a.jpg

私がエサ場に着いたときと同じように、リンはハウスの中で身体を横たえていた。

リンの身体に巣くっている病魔は、彼女が長く動くことをまだ許してくれていないようだ。

家猫なら動物病院へ連れていってもらえるが、野良猫の場合はそう簡単にことは運ばない

海岸猫を世話するボランティアさん数人と面識があるが、猫が病気になったときの対応はそれぞれ異なっている。

猫の体調に異変があるとすぐさま病院へ運ぶひともいるし、怪我は治療するが疾病の場合は猫自身の治癒力にまかせるというひともいる。

これらの対処の方針についてとやかく言える立場に、私はいない。


170402_060e.jpg

私はときおり海岸猫の様子を見に行くだけだが、ボランティアのひとは1日もかかさず海岸におもむき猫たちに食事を与えエサ場を掃除している。それこそ雨の日も雪の日も。

そしてリンとサキの世話をしているボランティアさんたちの総意が “リンの回復力にゆだねる” というものなら、私がそれに口を差しはさむ余地など1ミリだってありはしない。

そのひとたちにとって私は、あくまでも部外者であり第三者なのだから。

けれど、もしもリンが起きあがれなくなるほど重篤になったら、保護して最期を看取るという私の考えに変わりはない。

なんとなれば、知り合って5年になるリンが、こんな寂しいところで孤独のうちに死んでいくのはとても耐えられないからだ。

たとえ部外者であっても、それくらいは許されるだろう。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

リンの回復を願ってやみません。
後編を読むのが怖いです・・

省さんへ

猫の7歳は‥‥

リンは2010年生まれの7歳で、ニンゲンの年齢に換算すると
40代後半に入る頃になります。
そして野良猫の平均年齢は一般的に4~6歳とされているので、
何が起こってもおかしくない時期です。

No title

たとえ部外者であっても、第三者であっても、
助けられる命なら何とか皆さんと相談して手を差し伸べてはもらえませんか。
注射1本で繫がる命もあります。
自然に任せるという考えが私にはどうしても聞こえがいいだけとしか思えません。
目の前に消えそうな命があるのなら、そして出来る事があるのなら
そして差し伸べられる手があるのなら、重篤になる前に助けてあげて欲しいです。

ランママさんへ

私も同じ気持ちです

おそらくブログの読者諸氏の中には、ランママさんと同様の想いを持っている方も
多いだろうと推察しています。

「野良猫は誰の“所有物”でもないのだから自由に扱ってもいいのでは」とか
「猫の治癒力にまかせるという考えに同調する必要はない」という意見を持つひとが
いるだろうとは予想していました。

私にしても同じ気持ちなのですが、各エリアのボランティアさんには独自の決まりごとがあり、
一般論がすんなりと通用しないのも事実なのです。

ただし、つぎの記事に書くつもりなのでここで具体的なことは述べられませんが、
今回私は“リンに何もしなかった”わけではありません。

曖昧な回答で申し訳なく思っていますが、続編をご覧になってまたご意見を頂ければ幸甚です。

こんばんは

リンちゃんの回復を祈って・・・。

外猫のクロ
獣医に相談は、いたしましたが獣医には連れて行かなかったので・・・。

いまだに良かったのかわかりません。

Miyuさんへ

誰にも分かりません

リンへのお気遣いありがとうございます。

記事にも書きましたが、ひとにはそれぞれ考え方がありますし、
できることとできないこともあります。

ブログを拝見していましたが、クロちゃんに対して
Miyuさんは精一杯のことをしたと思います。
クロちゃんもそのことに感謝していたからこそ
Miyuさんを母親のように慕っていたのでしょう。

何が正しいことだったのかなんて、神でもない限り誰にも分かりません。

No title

いつも拝見しています。


最近年をとって涙もろくなったのもありますが、涙がとまりません。
具合が悪い身体でこの寒さは辛いです。

具合が悪くなってから別の環境に連れていく事はかえってストレスになり
病状を悪化させてしまうおそれがありますし毎日お世話されいてる方の方針に
意見をする事などできないとおっしゃるWabiさんのお気持ちもよくわかります。
お辛いですね・・・

元気な時はいいんです。寒かろうが、暑かろうが、食べ物があって自然を満喫
できて。ですが具合が悪くなった時、お外の子はやっぱり辛い。
そんな子たちを見守るwabiさん、どうか心身ともにお疲れがたまりませんように。


ゆりっぺさんへ

やはりもどかしいです

野良猫に対する考え方や取り組み方はひとそれぞれ異なっていて、
それがために確執や軋轢が生じてしまい、ついには対立状態にまで
発展することも珍しくありません。

野良猫のおかれた状況を少しでも良くしたいという想いはおたがい同じなのに
どうして反目しあうようになるのでしょう。
ニンゲン誰しも多かれ少なかれ利己的な部分や狭量なところがありますから
仕方のないことなのかも知れませんが、ときには猫のことを放っておいて
諍うこともあり、そういう有様を見るにつけ虚しくなります。

私自身はどこのボランティアグループにも属していない部外者で、
それは取りも直さず煩瑣なしがらみに縛られず、猫たちを見守るには
良いポジションなのですが、今回のような場合に口を挟むことができないのは
やはりもどかしく辛いです。

私にまでお気遣いいただいてありがとうございます。

No title

リンはこれから元気になるのか心配です。一人で治るのか心配です。早く元気になって欲しいと願っています。

たまちょびさんへ

リンへのお気遣いありがとうございます

リンは外猫歴7年のベテラン野良ですから、私が知らないだけで、
これまでにも独りでじっと耐えて病気に打ち勝った経験をもっている
可能性があります。

今回も彼女の生命力を信じたいです。

リンちゃんへ

リンちゃんどうしていますでしょうか
せっかくこの世に生まれてきたんだから

リンちゃん優しいボランティアの方やwabiさんに
出会えてよかったね
本当は冬はあったかいお家でご飯の心配もなく
いじめられることもなく
生きる事もできたかもしれない
そう思うと
何も出来ない自分のくせに
涙が溢れてきます
でも、こうやってボランティアの松田さんや、wabiさんに優しくもらえて
よかったね。
しっかり甘えるんだよリンちゃん。

mesudanukiさんへ

強靭な生命力

これまでの7年にわたるリンの半生は波乱に満ちたものです。

生まれてからしばらくはホームレスのテント小屋で暮らす“半野良”でした。
ところがそのひとが海岸からいなくなったせいで、リンは寄るべなき身の
野良猫になりました。
それでもリンは逞しく生き抜いています。

きっと彼女は我々が想像しているよりも遥かに強靭な生命力や気力を
持っているのでしょう。

高熱があっても身体が思うように動かせなくてもリンはじっと耐えています。
そんな姿を見ていると、猫というは我慢強い動物なんだな、と感銘することしきりです。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~