プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ロンリーキャット (後編 2)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



前にも述べたが、シンゲンは2014年春に突然このエリアに姿をあらわし、そのまま居着いてしまった。

そのためこの強面猫の出自や年齢は、いっさい分かっていない。

0723アメショ_148

分かっているのは、耳カットと去勢手術のあとがあることくらい。

これらの事実から、シンゲンはどこかでひとの世話を受けていた 『地域猫』 だと推測されている。


0723アメショ_149b

0723アメショ_150

だがどういういきさつがあってその地を離れ、どういう経路でこの海岸までたどり着いたのかは、いまだ謎のままだ。

さらにどうしてここのエリアに定住しようと決意したのか、その理由も分かっていない。

これらの事実関係ついてほんにんに尋ねても、うつろな視線を返してくるばかりで何も応えてくれない。


0723アメショ_151

0723アメショ_152

ただシンゲンがここを気に入ったのは、食料事情の良さがおおきな要因ではないかと推察されている。

このエリアを担当しているボランティアのSさんは猫たちの世話にことさら熱心で、エサ場には常にカリカリが置いてあるし、なんらかの事情があって自分が給餌に行けないときはアルバイトを雇うことすらある。


0723アメショ_153

ところが、海岸猫への給餌をこころよく思っていない住人がいるらしく、今年にはいってからエサ場の食器が持ちさられる事件が何度か起こっている、とSさんは言う。

私も直接的、間接的に知っているが、じかに抗議する度胸がない腰抜けのくせに、人目を盗んで海岸猫のエサ場をあらす狷介で卑劣な輩はこの街にも何人か存在している。


0723アメショ_155

0723アメショ_156

以前に何度か記事にしているが、過去においてこの海岸ではクロスボウ(ボウガン)で海岸猫を殺傷するという犯罪が何件か起こっているし、毒餌で仔猫を殺害する事件も発生した

また本人たちは遊びのつもりなのだろうが、複数の少年がエアガンで海岸猫を標的にしていた現場を知人が目撃している。


0723アメショ_157

0723アメショ_158

いったいこういう輩は “命” を何だと思っているんだ。

抵抗できない小動物を虐待・殺害してどんな気持ちになるのだろう。

おそらく愉悦を覚えているはずで、なんとなればこういう 『サイコパス』 は罪の意識などハナから持ち合わせていないからだ。


0723アメショ_159

0723アメショ_160

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアによるサイコパス(精神病質)の定義を以下に記しておく。

良心が異常に欠如している
他者に冷淡で共感しない
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任がまったく取れない
罪悪感が皆無
自尊心が過大で自己中心的
口が達者で表面は魅力的

※『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

あなたの周りにこれらの項目にあてはまる人物がいたら、注意したほうがいい。


0723アメショ_161

社会に溶けこんだサイコパスはおそらく、人好きのする愛想のいい容貌をしているのだろう。

だが普通のひとは心情がどうしても顔付きにあらわれる。

猫も同様で、感情が面差しに表出する。とりわけ顕著に変化するのは目付きだ。


0723アメショ_162

一見強面のシンゲンがどれくらいの年数を野良猫として生きてきたのかは分からないが、おそらくこの子も、これまでに心無いニンゲンからいわれのない迫害や虐待を受けてきたと思われる。

野良猫という理由だけで、だ。

シンゲンだって家猫としてまっとうに育っていれば、もっと柔和な目付きになっていたはずだし、もし保護されて家族として迎えられた場合も同様の変容が起こるだろう。

「そうだよな、シンゲン」と話しかけたところ、このおっさんは何をほざいているんだと言わんばかりのきつい眼でシンゲンからにらみ返された。


0723アメショ_163

0723アメショ_244

トレイを片付けるために駐車場に行ってみたら、ナルトがさっきの場所に戻っていた。

理由は分からないが、ナルトはこの場所がよほど気に入っているようだ。


0723アメショ_166

0723アメショ_165

段ボール箱、机・ベッド・ソファーの下、押入れ、引き出し、棚の隙間、洗濯機や乾燥機など、猫はとにかく狭いところを好む。

その理由として、狭い穴の中にいる鼠などを獲っていた猫の祖先の本能が今も残っているからだといわれている。


0723アメショ_164

0723アメショ_245

また狭いところは、外敵からの攻撃にそなえるには絶好の場所だからとも考えられている。

家猫であってもそうなのだから、敵の多い外で生きている野良猫の場合はさらに現実的で切実な理由として狭いところに居場所をもとめる。


0723アメショ_168b

0723アメショ_248

0723アメショ_249

実際、ナルトにいる場所なら頭上からの攻撃は防げるし、胡乱な輩が近づいてくればどの方向へも逃げることができる。


0723アメショ_170

0723アメショ_172

猫の祖先とされるリビアヤマネコから13万年も永々と継承されてきた習性は、幼いナルトの身体のなかにもしっかりと受け継がれているのだ。

その習性が、野良猫として生き抜いていくためだけに役立っているのは残念だが。


0723アメショ_173

0723アメショ_174

猫の祖先の話をしたので、我が国の猫の歴史にも触れたい。

日本においてニンゲンが猫を飼うようになった時代は、諸説あって定かではないようだ。


0723アメショ_176

0723アメショ_177

ただ鼠や虫から穀物を守るために、農家で猫が飼われはじめたという意見には説得力がある。

そのころは鼠を獲物とする猫と鼠害を防ぎたいニンゲンとの利害が一致し、猫は 『益獣』 として大切にあつかわれていた。


0723アメショ_178

0723アメショ_179

やがて農家以外でも愛玩動物して飼われるようになり、ニンゲンと猫との共存はつづいた。

ところが、穀物の番人という利用価値がなくなると無責任な飼い主は猫を放置したり遺棄したりし、その結果 『野良猫』 という存在が生まれ、繁殖力の強い猫はその数を増やしていくことになる。


0723アメショ_182

0723アメショ_183

本能にしたがい習性にのっとり、そしてニンゲンに寄り添う、そんな猫の生き方は昔も今もなんら変わっていない。

変わったのはニンゲンほうで、自分たちが遺棄しておきながら、繁殖期の鳴き声がうるさいとか、敷地に糞尿をするという理由で、かつてはよきパートナーであり益獣であった猫をしだいに 『害獣』 あつかいするようになっていく。


0723アメショ_246

0723アメショ_247

猫を気まぐれで身勝手な動物だと評するひとがいるが、猫を裏切ったニンゲンと昔ながらの生き方を固守している猫、いったいどちらが自分勝手なんだ、と私は問いたい。

このように猫は、ニンゲンがわの恣意的な都合に翻弄されつづけている。

彼らがなんの苦情も申し立てないのをいいことにして。


0723アメショ_236

そうしてついには、先述したサイコパスでないニンゲンも野良猫を迫害、虐待しはじめ、挙げ句の果てには殺処分されるのを承知で保健所や愛護センターへ持ちこむようになった。

まるでほかの生き物の生殺与奪権をおのれが握っているかのように。

が、断言する‥‥。


0723アメショ_237


天はそのような権利をニンゲンにけっして与えていない、と。



0723アメショ_238

0723アメショ_239

ナルトは唐突に起きあがると、足速に私の眼の前を横切り駐車場から出ていった。

私はナルトの行き先を見定めるため、ストーカーよろしくそのあとを追うことにする。


0723アメショ_185

0723アメショ_186

そうしたところ、てっきりほかの場所へ移動したと思っていたシンゲンがふたたびエサ場のほうへ引き返している姿が目に入った。


0723アメショ_240

0723アメショ_187

シンゲンは歩みをとめておもむろに草むらのなかへ身体を伏せると、前方を凝視しはじめる。


0723アメショ_188

0723アメショ_189

シンゲンの視線の先にはナルトがいた。

そのナルトはあたりを見まわしながら哀しげな鳴き声をあげている。


0723アメショ_190

と、次の瞬間、今度は慌てふためいた様子でナルトは身体を反転させた。


0723アメショ_191

0723アメショ_192

そしてナルトはおおきく跳躍すると、そのまま草むらのなかへ飛びこんだ。

ファインダー越しにナルトだけを見ていた私には、何が起こったのかまったく分からなかった。

だがナルトが逃げ出した理由は直後に判明する。


0723アメショ_193

0723アメショ_194

ナルトのあとを追ってシンゲンも草むらへ飛びこんでいったからだ。


0723アメショ_195

草むらを回り込んでみると、ナルトの姿はなく、シンゲンが所在無さげに地面の匂いを嗅いでいた。

逃げるときナルトがどう感じたのか、その心情は分からないけれど、シンゲンが本気でナルトに攻撃をしかけるつもりがなかったのは明らかだ。


0723アメショ_196b

0723アメショ_197c

真剣に相手をやり込めるつもりなら、猫はもっと執拗に追っていく。

猫には動くもの、逃げるものを追いかけるという習性があり、シンゲンはそれに従ったまでだ。


0723アメショ_200b

0723アメショ_199b

その風貌とは裏腹に、寛大で穏やかな性格をしている、というのが今回の訪問であらたにしたシンゲンへの心証だ。


0723アメショ_201b

ただ、この日姿を見せないシロベエと新参の黒猫との仲がどうなっているのか、いささか気になっている。

追撃され尻に帆をかけて潰走させられたシロベエとの軋轢は、その後修復されたのかどうか、そのことがとくに心がかりだ。


0723アメショ_202

0723アメショ_203

シンゲンは駐車場を出て、それから散歩するようなゆっくりとした歩度で砂利道を進んでいく。


0723アメショ_204

0723アメショ_206

やがて進行方向を右に切って道路を横断すると、民家の塀に近づく。


0723アメショ_207

そしてブロック塀の立ち上がり部分に敷かれたコンクリートの上に、ごろりと横になった。

この光景は以前に何度か目にした記憶がある。


0723アメショ_208

0723アメショ_210

そうしてシンゲンは四肢を伸ばし、そのまま大きくあくびをした。

この姿勢は 『横寝』 といって、猫がリラックスしたときに見せる。


0723アメショ_211

野良猫のシンゲンがこの体勢をとるということは、警戒を緩めゆったりとした気分になっている証左だ。

しかしそういう状態であっても、ぬかりなく私の動静を確認するところは、やはり外で生きている野良猫の悲しい習い性というべきか。


0723アメショ_212

0723アメショ_213

私が近づいてこないと見定めたようで、やがてシンゲンは腹を上に向ける 『ごろ寝』 とか 『へそ天』 と呼ばれる体勢になった。

これは猫がもっともリラックスしたときに見せるポーズである。

ここまでくつろいでいるシンゲンをそっとしておいてやりたいと思った私は静かにきびすを返した。


0723アメショ_222

そしてふたたび駐車場に足を運ぶと、ナルトがまたさっきと同じ場所へ戻っていた。

やはりここはナルトにとって思い入れがある特別な場所のようだ。


0723アメショ_215

0723アメショ_216

しかしこの周辺に猫の興趣をそそるようなものは見あたらない。少なくとも私の眼には。

また身を守るためという動機も考えにくい。

なぜなら、この駐車場にはその目的により適した場所がほかにもたくさんあるからだ。


0723アメショ_218

いったいナルトはどんな意図があって、“この場所” にこんなにも拘泥しているのだろう。


0723アメショ_219

0723アメショ_220

さっきからナルトの視線は砂利道をたどって国道のほうへ向けられている。

まるで国道から誰かがやってくるのを待っているかのように。


0723アメショ_221

ナルトの真剣な表情を見ていたら、私の脳裏にある情景が出し抜けに浮かんできた。

その情景とは‥‥。


0723アメショ_223

0723アメショ_224

ひと気のなくなった時刻に、国道からやってきたニンゲンが仔猫をこの場所に置き去りにする、というものだ。

そのことを覚えているナルトはだから、自分を迎えに飼い主が国道のほうから戻ってくるのを “この場所” で待っているのではないだろうか。


0723アメショ_225

私の想像が事実と一致しているのかどうか、それはもちろん分からないし、確かめようもない。

ただし、もしこの推測が当たっていたとしたら、ナルトの行為はすべて徒労に帰するだろう。


0723アメショ_226

( ナルト‥‥、お前がここへ捨てられてからずいぶん長い月日が経っている )

( だいいちその飼い主はお前がそのまま死んでしまっても仕方ないと考えていたはずで、そんな無慈悲なニンゲンは二度とここへ来ないから、もうあきらめたほうがいい‥‥ )

という言葉を、私はぐっと呑みこんだ。


0723アメショ_227

無垢なナルトの瞳に見つめられたら、たとえ現実だとしても、そんな残酷なことは言えない。


0723アメショ_228

私が言えるのは‥‥、

「 いつか心優しいひとがお前のことを見つけて、家族としてあたらしい家に迎えてくれるかもしれない 」

「 だから、外での暮らしはきびしいと思うけれど、望みを捨てないで何としても生き延びるんだ 」

と、いかにも無責任で冷淡なせりふくらいだ。



0723アメショ_229

実は過日、私のブログを見たあるブロガーさんから里親さんを探すために一時的にナルトを保護したいという申し出があった。


0723アメショ_230

0723アメショ_231

シシマルエリアのボランティアさんたちとも直接会談して捕獲の算段まで決めたのだが、しばらくして先方からスケジュール変更の報せがもたらされる。

その条件は時間的にかなりタイトなので、対応するのは無理だとの旨を先方に伝えた。


0723アメショ_242

すると先方から、ほかの野良猫を保護する予定があるからと告げられ、けっきょくこの話は白紙撤回となった。

とはいえ、本来なら私をふくめた関係者がやるべきことを好意で代行してくれようとしたそのひとには感謝している。


0723アメショ_241

そしてナルトがしあわせをつかむ機会をのがしたことは、私としても断腸のきわみで、いまだに彼に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだ。


0723アメショ_243

この日の “待機” は終了したのか、ナルトは雑草の繁茂している駐車場の奥へ行ってしまった。

ちなみに、このエリアに猫のねぐらとなる猫ハウスは設置されていない。

以前はいくつか建物の陰に置いてあり、物珍しさもあって最初は利用していた猫もいたのだが、やがて誰も近寄らなくなったからだ。


0723アメショ_232

おそらく防砂林とちがって、ここだと物陰であっても猫ハウスは目立ってしまうので、その危険性を海岸猫たちが感知したからだと思われている。

だからここに住む猫たちは、こうして車やトレーラーの下で雨露をしのぐ。


0723アメショ_233

睡眠中に寝言を言うくらいだから、猫は間違いなく夢を見ているはず。

ナルトはいったいどんな夢を見るのだろう? 独りぼっちで寝ているときに‥‥。


scenery0723アメショ_09

scenery0723アメショ_10

scenery0723アメショ_12

このブログで紹介している海岸猫たちは、記事にあるようにそれぞれ異なった過去を持つ。

たいていは酷薄なニンゲンによって海岸へ遺棄された捨て猫だが、シンゲンのようにほかの地域から流れてくるものや、サキのように海岸猫の母から生まれる生粋の野良もいる。

だが海岸猫となったいきさつに相違があったとしても、ここでの生活が彼らにとってつらくきびしいことに違いはない。

そして、すべての海岸猫は飼い猫になれる素質を等しく具えている、と私は確言できる。

なぜならニンゲンと猫は古来から相利共生の関係をつづけてきたという歴史が、そのことを証明しているからだ。



〈了〉



『 告知 』

もうじき2歳になるアメショ柄の 『ナルト(鳴門)』、現在里親さんを募集していますので、

心の琴線に触れた方は下のバナーをクリックして詳細記事を見てください。


もちろんナルトだけではなく 『サキ(咲)』 やほかの海岸猫の里親さんになってくれる方も募っています。



どうか、よろしくお願いいたします。




ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

こんにちは(*^-^*)

「まるでほかの生き物の生殺与奪権をおのれが握っているかのように。」
「天はそのような権利をニンゲンにけっして与えていない、と。」

私も ずっと その想いを持っています・・ 子供の頃は ぼんやりと
何だか 間違ってる気がするなぁ・・と感じていて、 大人になってからは
確信を持って、(当たり前)になっていることが(間違っている)のだと
はっきりと思うようになりました。 

ずるく狡猾な人間が 信用できない私ですが・・
でも、きっと 少しずつ 長い年月をかけて 社会全体の(動物の認識)は
変わっていくと信じています(信じたい・・(^-^;)

その間に どんなに沢山の命が 哀しく奪われていくのだろうと思うと・・
ごめんなさい・・の言葉しかないです。 
wabiさんや 動物の命を救う沢山の方々の ご尽力に頭が下がる思いです。
ナルトちゃんや みんなに 優しい家族さんと 暖かいお家が見つかります
ように・・願っています。 
    

ねこ眠りさんへ

人間も自然の一部

『生殺与奪権』‥‥、この権利を有しているのは、一般的に『神』と呼ばれている方だけでしょう。
そしてその権利は無闇に行使されることはなく、たとえ用いられても我々人間には
“運命”としか思えないはずです。

ところが愚かなニンゲンは地球上の生き物の最上位捕食者の地歩を得たと勘違いし、
ほかの生き物を無慈悲に殺してきました。

野生動物も弱肉強食という食物連鎖の中で生きていて、陸生動物、水生動物、鳥類には
それぞれ数種類の頂点捕食者がいますが、彼らはあくまでも自分が生きるためだけに
非捕食者と呼ばれるほかの生き物を捕殺します。

そういう理由もなく、自分の都合や慰みのためだけにほかの動物を殺すのは
この地球上でニンゲンだけです。
そして植物をふくめた自然界そのものも破壊し続けています。

“人間も自然の一部”であることをすっかり忘れて‥‥。

野良猫問題もそういう自然破壊の一端であり、縮図でもあると私は思っています。

ニンゲンが自分たちも自然の一部分であることに早く気がついて、
すべての動植物と共存できる日が来ることを私も願っています。

こんばんは!

今回の内容はもっとじっくり、しっかり読んで
きっちりコメントを送りたいと思います。
半端な気持ちコメント送りたくない気がしました。
少し時間がかかりそうなので、
ご報告しようとおもいました。

mesudanukiさんへ

初めてなので

こういうコメントを『事前予告コメント』とでも呼べばいいのでしょうか。

とにかくこのようなコメントをいただいたのは初めてなので、
私としては大いに恐縮し、そして感激しています。

それがため、今回のコメントにどうご返事をしたらいいのか
適切な言葉が見つからない状態です。

そんな私の頭に浮かんだのは
「あまりご無理をしないでください」
という、きわめて陳腐な言葉でした。

こんばんは

Wabiさんごめんなさいね
私大それた事を書こうと思って事前予告したんじゃんないんですよ。
でも、シンゲンやナルトの事、あんなに事細かに書いてくださったWabiさんに
簡単にコメントしたらもったないとおもったんですよ。

私もねこねむりさんと同じ気持ちがありました。
シンゲンももしお家でぬくぬくと過ごしていたら
今のように険しい顔で過ごさなくてもすんだのに
もしかしたら、すごく甘えたな猫なのかもしれない
そんな事を思うと悲しくて
でも悲しむだけで、結局自分はなにもしてあげれない
ナルトも元飼い主さんを待っているのであれば、
悲しすぎます。
でも世の中こんなねこちゃんが沢山いますね。
寒い日雨の日お腹を空かして・・・
せめて、虐待などしないでほしい
いじめないでほしい
私思うのです、猫ちゃんや人間より弱い物に
虐待などする人は
最後いい終わり方は出来ないと思うのです。
そして、そうであってほしいと願うのです。
なんだか、改めてコメントすると書いて、
こんな情けないコメントになってしまいました。
ごめんなさい

mesudanukiさんへ

奇跡的な出会い

先のコメント返しがmesudanukiさんへプレッシャーを与えのなら謝ります。

私としてはこんなだらだらと長い、いわゆる冗漫なブログを“じっくり、しっかり読んで”
いただけることにまず恐縮したのです。
そして、“きっちりコメントしたい”というmesudanukiさんのお気持ちに感激したのです。
普通ならたとえ熟読したとしても、コメントしづらい内容ならそのままスルーしますから。

さて、私はブログで(旧ブログをふくめて)野良猫をあつかっていますが、
これは自分が子供ころから動物好きだったためで、もし昔のように『野良犬』も
日本の至るところにいたなら、“野良犬ブログ”を立ち上げていたかもしれません。

口幅ったい言い方を許していただけるなら、私は旧ブログからずっと野良猫をとおして
命の尊さを訴えつづけてきたつもりです。

『生き物の命に軽重の差はなく、原則として“等価”であり、
他の生き物の命を粗末に扱う者は、とどのつまりは自分の命も粗末に扱うハメに陥る』
これは私が旧ブログに書いた文言で、そのあとにも何度か繰り返し述べています。

そうです、mesudanukiさんの仰った言葉と同じ内容なのです。

ニンゲンはこの地球上の生き物で構成されているヒエラルキーの頂点に立っていると思っていますが、
そんなものは地球の歴史からすれば、ほとんど意味のない無価値な地位です。

1億5千万年以上にわたってこの地球上を我が物顔で闊歩していた恐竜でさえ絶滅してしまったのですから、
誕生して20万年しか経っていない我々新人類が今後どうなるかなどまったくわかりません。

このように46億年といわれる地球の年譜からいえば一瞬間のときに共に生きているニンゲンと猫、
これは奇跡的な出会いと言えます。
本来なら良きパートナーとして共生していくべきなのに、その仲間を虐待し殺害している
ニンゲンは、このままだと傲慢で愚昧な生き物として地球の歴史に刻まれるでしょう。

不遜と謗られるのを覚悟で言いますと、私はそんな不名誉な史実を書き換えてほしいと願って
拙い文章と下手くそな写真で野良猫ブログを書いているのです。


事後報告になりますが、mesudanukiさんのブログ『にゃんこ だいすき 日記』に
リンクを張らせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

No title

ありがとうございます。
こちらもリンク張らしてもらってもらいます。

猫ちゃんわんちゃんの事、ありがとうございます。

mesudanukiさんへ

リンクの件、ありがとうございます。

弱い立場の動物たちにたいして、私は直接的に何もできませんが、
ブログというメディアを介して命の大切さを訴えていきたいと思っています。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~