プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

母と娘 (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



リンの病はほぼ全快した。

だが私の “リンエリア詣で” はその後も続いた。

それは私の心に一抹の不安が居座っていたからだ。まるで喉に刺さった魚の小骨のように。

結局私はリンエリアに8日間連続で足を運ぶことになる。

旧ブログを始めて2年間くらいは同じエリアに日参していたこともあったが、それ以後は一度もない。

おそらくこれから先もないだろう。同じような状況が持ち上がらない限りはという条件付きだが。


171215_015b.jpg

私がリンエリアのエサ場を訪れると、宮本さんがいて、リンに食事を与えているところだった。


171215_008.jpg

娘のサキは “食卓” から離れた場所で母の食事する様子を見ている。

おそらくサキは、私がエサ場に到着する前に自分の分のキャットフードを既に食べ終えているのだろう。


171215_013b.jpg

171215_020.jpg

皿のキャットフードをリンが食べ尽くすと、宮本さんはあらたなキャットフードを盛る。

リンはその様子を舌なめずりしながら見つめている。


171215_001.jpg

171215_002.jpg

リンはキャットフードを味わうようにゆっくりと食べる。

野良猫にしては珍しく、リンは食べ物に対する執着が薄く、いわゆる『口綺麗』な猫だ。

彼女のそういった恬淡とした性質を持ったのは、もしかしたら生まれてからの数年間をホームレスの庇護のもとで飼い猫に近い環境で育ったことが要因かもしれない。


171215_003.jpg

そこへサキが近づき、通りがかりにちょっと味見をするといった風に食器に顔を突っこんだ。

リンはそんな不躾なまねをする娘を咎めるわけでもなく、黙々と食事をつづける。


171215_004.jpg

171215_005.jpg

サキはあっさりと皿から離れると、エサ場の奥へ歩を進めていった。

私の思ったとおり、サキはリンより先に食事を終えているようだ。

でなければ、ひとくち食べただけで食べ盛りの若いサキが引き下がるはずがない。


171215_016.jpg

171215_017.jpg

今度は宮本さんの手からキャットフードを食べるリン。

この光景を見る限り、彼女の食欲は体調を崩す前の状態に完全に戻っているようだ。


171215_018.jpg

171215_019.jpg

ハウスにこもりっきりのリンを見たときには、私も事態の重大さ悟り彼女の死を受け入れる心の準備をしていた。

だがリンは自身の生命力と治癒力を頼りにやまいに打ち克った。

ただし、つぎも同じ結果になる保証はない。なんといってもリンは野良猫なのだから。


171215_021b.jpg

171215_022b.jpg

食事が終わると、リンとサキは宮本さんと一緒にエリア内の “散歩” を始めた。

縄張りのパトロールではないからだろうか、いつもの巡回コースとは違う道筋をつかっている。


171215_023b.jpg

171215_024b.jpg

リンは前方を見据えたまま、最後尾をゆっくりとした足取りで歩いている。

。。


171215_025b.jpg

171215_026b.jpg

一方サキはというと、宮本さんのあとを足早に追っていく。

。。


171215_027b.jpg

171215_028b.jpg

171215_029.jpg

私を追い越したリンも、やや歩調を速めて宮本さんとサキのあとについていく。

。。


171215_030.jpg

171215_031.jpg

宮本さんに訊くと、ときどきこうやってふたりを伴ってエリア内を散歩するのだと言う。

猫がニンゲンと一緒に散歩、それも野良猫が、こんな光景は他ではなかなか見られるものではない。


171215_032.jpg

灌木の陰に宮本さんの帽子が見える。

どうやら道端に設置されたベンチで休憩しているようだ。


171215_033.jpg

171215_034.jpg

サキは宮本さんを全面的に信頼しきっているのがこの様子からもよく理解できる。

海岸猫の中には世話をしてくれるボランティアの人にさえ心を開かず警戒心をあらわにする者がいることを思うと、宮本さんが彼らに示す愛情がいかに深甚なのかがうかがえる。


171215_035.jpg

171215_036.jpg

。。

。。


171215_037.jpg

171215_038.jpg

。。

。。


171215_039.jpg

171215_040.jpg

171215_041.jpg

。。

。。







。。

。。





。。

。。

。。

。。






〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今年も寒い季節が到来しました。

そこで今回も日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。


#猫バンバン プロジェクト



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~