プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

心もよう (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



リンの病はほぼ全快した。

だが私の “リンエリア詣で” はその後もつづいた。

それは私の心に一抹の不安が居座っていたからだ。まるで喉に刺さった魚の小骨のように。

結局私はリンエリアに8日間連続で足を運ぶことになる。

旧ブログを始めて2年間くらいは同じエリアに日参していたこともあったが、それ以後は一度もない。

おそらくこれから先もないだろう。ただし同じような状況が持ち上がらない限りはという条件付きだが。


171215_078.jpg

171215_079.jpg

エリアに着いたとき、サキは宮本さんと一緒に “散歩” をしていた。

宮本さんに訊くと、ときどきこうやって海岸猫を伴ってエリア内を散歩するのだと言う。

猫がニンゲンと一緒に散歩、それも野良猫が、こんな光景はなかなか見られるものではない。


171215_087.jpg

一方リンは前方を見据えたまま、最後尾をゆっくりとした足取りで歩いている。


171215_081.jpg

171215_082.jpg

やがて私を追い抜いたリンは、やや歩調を速めると、踏み分け道を防砂林の奥へと向かっていく。


171215_083c.jpg

171215_084c.jpg

ところがリンは、途中で進路を左に変更すると、踏み分け道を外れて木々のあいだを進みはじめた。

いったいどこへ向かおうとしているのだろう、リンはいつもの巡回コースとは明らかに違う道筋をたどっている。

私は宮本さんとサキのあとを追うのをやめ、リンと同行することにした。


171215_085b.jpg

171215_086b.jpg

リンはそれから防砂林を抜けると、レンガ道を足早に横断した。

そしてリンはその場に留まった。何もせずただぼんやりと何かが起こるのを待つかのように。


やがてリンの意図するところが私にも理解できた。

リンは実際に待っていたのだ。サキがいつもの巡回コースを通って引き返してくるのを。


171215_042.jpg

サキが隣接する防砂林に姿を見せると、リンはすぐに駆け寄り、サキに追随するかたちであとに付いていく。


171215_043.jpg

171215_044.jpg

いつもの巡回コースを見まわるのが億劫だったのか、それとも縄張りの視察をそろそろ娘のサキに委ねようと考えてのことなのか、リンの真の動機は私にはうかがい知れない。


171215_045.jpg

171215_046.jpg

が、いずれにしても、この日リンは慣例となっている巡回の順路をショートカットしたのだ。

もしかしたらリンの体力は完全に快復していないからかもしれない。

私としてはそう考えたくはないのだが。


171215_047.jpg

片や若いサキは意気軒昂で、いきなりそばにあった木に駆け登った。


171215_051.jpg

171215_048.jpg

防砂林の中には、木登りを好む猫にとってそれに適した樹木がたくさんある。

喬木や灌木、そして難易度の高いものから低いものまでより取り見取りだ。


171215_049.jpg

171215_050.jpg

木登りが上達したサキには、この木の形状はたやすすぎて手応えがなかったようだ。


171215_052.jpg

171215_053.jpg

サキは木から飛び下りると、細身の木が疎らにある木立の方へゆっくりと歩いていく。


171215_054.jpg

171215_055.jpg

そしてカメラのシャッターを押す間も与えてくれないほどの速さで、サキはその中の一本の木へ登ってしまった。


171215_056.jpg

ここでちょっとしたトラブル発生。細い枝にかけていた左の後ろ足を踏み外したのだ。


171215_057.jpg

しかしサキが慌てた素振りを見せたのは一瞬だけで、その後は体勢を立て直そうともしない。

どうやらこの姿勢が気に入ったようで、やがて右脚もだらりと垂らし、枝の上でくつろぎはじめる。


171215_058.jpg

おそらく本人にはそれなりの理由があるのだろうが、猫はこういった我々には理解できない行動をとることがよくある。

まあ、こういうニンゲンには想像もつかない行為をするのが猫の特性であり、彼らの魅力のひとつでもあるのだから受け入れるしかない。


171215_059.jpg

こうして木に登ること自体にも、彼らなりの内的動機があるはず。

ストレス解消のための転位行動かもしれないし、自分の力をあらわす示威行為かもしれないし、DNAに組み込まれた本能のなせる業かもしれないし、ただの気散じのためかもしれない。

なんにせよ独立独歩の精神を重んじる猫の行動原理を把握するのは、我々にとっては難題である。


171215_060.jpg

ただ猫の感情のなかでも、怒っているとかおびえているとかなどの情動は表情や声からある程度は推測できる。

また猫の形相や姿勢から彼らの心情を読みとる方法を解説している書籍やサイトもある。

が、あくまでも皮相的で大雑把な分類でしかない。


171215_062.jpg

171215_063.jpg

ニンゲンほどではないにしても、猫にだってもう少し細やかな心理の機微があるはずだ、と私自身は思っている。


171215_064.jpg

171215_065.jpg

“集合地点” は前回とおなじ場所だった。

リンエリアではここが唯一開けた一画だし、この日はあいにく曇っているけれど晴天なら陽当りが良く暖かいから自然とそうなったのだろう。


171215_066.jpg

171215_067.jpg

リンは宮本さんが手ずから与えてくれるキャットフードを脇目も振らずに食べているが、サキは少し離れたところであらぬ方向を見つめている。


171215_068.jpg

171215_069.jpg

しばらくするとサキはやおら立ち上がって宮本さんのそばに来ると、差し出されたキャットフードを頬ばりはじめた。


171215_070.jpg

171215_071.jpg

おそらく私が到着する前にエサ場で食事を済ませているのだろう、サキはほんの少し食べただけで止めてしまう。


171215_073b.jpg

「所用があるので、私はこれで帰ります」宮本さんはそう言い残してレンガ道へ出るために砂山を登っていった。


171215_074.jpg

171215_075b.jpg

宮本さんが砂山の向こう側に姿を消すと、サキが足早にそのあとを追っていく。

“散歩” がまだ続いていると思っているのだろうか。


171215_088b.jpg

リンはというと、視線を送るだけで地面に横たわったまま動こうとしない。

この日は巡回ルートをショートカットしたとはいえ、いつもならリンも宮本さんのあとを付いていく。

にもかかわらず、ただ見送るだけというのは、宮本さんがもう戻ってこないことをリンは分かっているのだろうか。

もしかしたら経験を積んだ老練な猫は、簡単なニンゲンの言葉なら解するのかもしれない、と私はリンを見てふと思った。


171215_076b.jpg

サキは砂山の上に端座している。サキの視線は、私からは見えない宮本さんに注がれているはずだ。

サキもまた、宮本さんがエリアを去ることを承知しているからこそ、これ以上後追いをすれば、帰路についた宮本さんが困るだろうと斟酌し、砂山の頂で見送るだけで踏みとどまっているのだろう。


171215_077b.jpg

海辺の防砂林で生まれ育ったサキは、外の世界をまったく知らない。

そんなサキにとっては、自分の命をおびやかす多くの外敵がいようが、暑さ寒さが厳しい環境であろうが、海岸が “世界” のすべてであり、防砂林が “我が家” であり、生きていく場所なのだ。

サキの後ろ姿からは、そんな彼女の諦観がうかがえる。


171215_089.jpg

171215_090.jpg

リンに目を移すと、理由は分からないけれど、何やら思い詰めたような険しい表情をしている。

私はリンの視線をたどってみたのだが、あらかじめ予測したとおり、そこにはこれといった対象物などひとつもない。


171215_091.jpg

どうやらリンは特定の物を見ているのではなく、意識はまったく別のところにあるようだ。


171215_092.jpg

171215_093.jpg

ややして、宮本さんが去ったのを見届けたのだろう、サキが寂しげな足取りで戻ってきた。

そしてサキがリンのそばを通り過ぎようとしたその刹那だった。


171215_094.jpg

171215_095.jpg

リンはいきなり身をひるがえしてサキに飛びかかると、そのままサキを組み伏せた。


171215_096.jpg

171215_097.jpg

リンもサキも声は発しない。

このことからも本気の取っ組み合いではなく、じゃれあっていることは明らかだ。


171215_098.jpg

171215_099.jpg

リンに喉元を噛みつかれ腋をかかえ込まれた不利な体勢とはいえ、サキはまともな抵抗も反撃もしないでほぼ防戦一方である。

そしてついにサキは完全に組み敷かれたかたちになり、レスリングのルールを適用すればこの時点でリンのフォール勝ちだ。


171215_100.jpg

しかしそれでもなおリンは、サキの喉に喰らいついたままいっこうに力を緩めようとしない。

するといよいよ堪りかねたのか、サキは腹からしぼり出すようなうめき声をあげた。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今年も寒い季節が到来しました。

そこで今回も日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。


#猫バンバン プロジェクト



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

鍵コメTさんへ

コメントありがとうございます

メールはメールフォームからか、catstory2009☆gmail.com(☆を@に換えて)宛に
送信してください。

こんばんは

サキどうなったのでしょう
気になります。

最近とっても寒くなりリンもサキも元気にやっているのでしょうか?
また、リンとサキの様子
待っています。
元気でありますように。

mesudanukiさんへ

リンとサキ

リンは本気でサキをやり込めようとしている訳ではなく
じゃれ合いのつもりなのでしょう。
ただ、リンにとってはレクリエーションであっても
まだ若いサキがそう感じ取っていない可能性はありますが。

最近体調が芳しくなく、海岸へ行く機会も減っているのですが、
先月中旬にリンエリアを訪ねたときはふたりとも元気でした。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~