プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

心もよう (後編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



サキは再びリンに押えこまれてしまった。

それもリンの眼前にみずから寝ころがってそういった状況をつくるという、私には理解できない行為の結果として。

動機はなんだろう、何かの意図があってのことなのだろうか、まさかサキに被虐趣味があるとは思えないのだが。

何はともあれ、私は事の成りゆきを見届けることにした。


171215_155b.jpg

171215_156b.jpg

私からはふたりの頭の部分が死角になっていて、リンがサキに何をしているのか分からない。

分かっているのは、リンがさっきのように相手に体重をあずけるような体勢をとっていないことだ。


171215_157.jpg

ややあってサキが前足をつかってリンを押しのけた。

ただしあくまでもさりげない、ほとんど力のこもっていないかたちばかりの拒否の仕方で。

にもかかわらずリンはあっさりと上体を起こし後退した。

その様子から、リン自身も第2ラウンドを望んでいないことは明白だ。


171215_158.jpg

171215_159.jpg

171215_160.jpg

やがてリンは前屈みになると、サキの頭から首筋にかけてグルーミングした。


171215_162.jpg

171215_163.jpg

すると今度はサキがお返しとばかりに、リンをグルーミングしはじめる。

ちなみにグルーミングには2種類あって、自分に対しておこなうのを『セルフグルーミング』といい、複数の猫がたがいに毛づくろいする行為を『アログルーミング』という。


171215_164.jpg

このアログルーミングはもっぱら雌同士か雌と雄のあいだでおこなわれ、雄同士でおこなわれることは滅多にない。

理由としては、雌は子どもを産み育てるという本能をもっているため性別に関係なくグルーミングできるが、雄の場合は縄張り意識が強いので他の雄に愛情を示せないからだと言われている。


171215_165.jpg

このアログルーミングは直截的な親和行動であり、具体的な愛情表現なので、たとえ猫のことをほとんど知らない人が見た場合でも分かりやすい猫の感情だ。


171215_166.jpg

171215_167.jpg

それはさておき、さっきからリンの足元に身体を伏せたままサキは動こうとしない。


171215_169.jpg

171215_170.jpg

憂いを含んだ横顔を見せるサキ、彼女が何を考え何を希求しているのか、私には計りかねる。

リンはリンで、そんなサキにどう対応していいか困惑しているふうに見えるのだが。


171215_168.jpg

しかし、もしかしたらそれは私の洞察力と想像力が足りないせいであって、ふたりは無言のうちにも互いの心情を感得しあっているのかもしれない。

だから私は常々思っている、『海辺のカフカ』のナカタ老人のように、『魔女の宅急便』のキキのように、猫と意思の疎通ができたらどんなに良いだろう、と。


171215_171.jpg

171215_172.jpg

サキはしばらくして身体を起こすと、リンのとなりに腰を下ろす。

そしてふたりは相手と眼を合わせないで、あたりをゆっくりと見まわしはじめた。


171215_173.jpg

171215_174.jpg

とはいえ、ふたりの表情に緊張感や警戒感はうかがえずいたって穏やかで、ただ漫然と視線を動かしているという感じだ。

だが猫は、とくに外敵の多い外で暮らす野良猫は、生き延びていくために警戒を完全に解くことはなく、たとえ視界に脅威となるものをとらえていなくても、優れた探知能力をもつ耳は胡乱な物音をけっして聴きのがさない。


171215_175.jpg

171215_176.jpg

やがてリンとサキは、不法に投棄されたと思われる角材で組まれた建設資材様の中をのぞきだした。

写真では井戸のように深い穴があるごとく見えるが、実際はただ地面に置かれているだけであって、猫の興趣をそそる代物ではないし、何かが潜んでいるわけでもない。


171215_177.jpg

171215_178.jpg

リンはひとしきり枠の中を注視していたが、心惹かれる物がないからじきに飽いたのだろう、背を向けるとあらぬ方向に視線を転じた。


171215_179.jpg

171215_180.jpg

リンはそれから地面の匂いを嗅ぎながらゆっくりとその場から離れていく。


171215_181.jpg

171215_182.jpg

どのような基準で選んだのか私には知る由もないが、やがてリンは気に入った場所を見つけると静かにうずくまった。


171215_183.jpg

171215_184.jpg

しばらくは独りの時間を過ごしていたふたりだったが、サキがリンに歩み寄ってきた。

そしてリンの顔に鼻先を近づける。


171215_185.jpg

するとリンはサキにグルーミングをしてそれに応えた。

ところが‥‥。


171215_186.jpg

たった1回舐めただけであっさりとやめてしまった。

それでもサキは身じろぎせずその場にとどまっている。「スワレ」と命令されて『停座』する忠実な警察犬のように。


171215_187.jpg

171215_188.jpg

ここでサキが出し抜けに後ろ脚を使ってグルーミング。

私が思うにこの行為はおそらく、愛想のない母に対する不満をまぎらわすための転位行動だろう。


171215_189.jpg

171215_190.jpg

171215_191.jpg

そしてサキはまたリンをグルーミングしだしたが、リンはただされるがままに任せてこれといった反応を示さない。


171215_192.jpg

すげないリンの態度に落胆したのだろうか、それとも病気は治ったとはいえいまだ本来の調子に戻っていないリンに戸惑っているのだろうか、サキは顔を上げると、これといった対象物もない防砂林の一画を見つめる。


171215_193.jpg

171215_194.jpg

サキはそれからリンの側から離れると、ゆっくりとした歩度で木立に向かって進んでいく。


171215_128.jpg

木立の中にたたずみこちらを振り向いたサキの表情は、何かなし屈託ありげに見える。

私はそんなサキに伝えたかった。「お母さんはじきに元気になるし、素っ気ないのはただの気まぐれなんだ」と。


171215_129.jpg

そう、たしかに猫はいたって気まぐれな動物だ。

けれどそれは猫の生まれ持った特性であり、また猫の魅力のひとつでもある。

そんな猫の気持ちをすべて理解するのは不可能だが、表情の変容を仔細に観察し、鳴き声の変調を注意ぶかく傾聴すれば、彼らが何を訴えているかしだいに分かるようになってくる。

そして我々が猫の眼を見ながらていねいに話しかければ、彼らだってこちらの気持ちを理解しようと努めてくれるだろう。

なんとなれば、猫たちはこれまでさんざんニンゲンに裏切られてきたので、我々が何を考えているか、彼らのほうがより強く知りたいと願っているはずだから‥‥。



〈了〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

まだまだ寒い日が続いています。

そこで今回も日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。


#猫バンバン プロジェクト



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

goo blogも遂にSSL化しました。今後とも訪問を継続しますので宜しくお願い致します。

lennonさんへ

わざわざご報告いただき恐縮しています。

更新が滞りがちなブログにもかかわらずいつもご訪問していただき
感謝の氣持ちでいっぱいです。

こちらこそよろしくお願いいたします。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~