プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
『 ペタ 』や『 blogram 』で応えます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

好奇心 (後編 1)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



リンとサキは勝手知ったる自分たちのエリアに戻ってきた。

サキがエリアの境界線を越えてからここまでおおよそ15分が経っている。

たいした時間ではないけれど、ふたりにとっては日頃は経験できない貴重で意義あるひとときだったのかもしれない。

ふたりの行動を見ていた私自身はいささか気をもまされたが。


180228_095.jpg

180228_096.jpg

防砂林の奥にある、いまはもう誰も利用しなくなったベンチにリンとサキはとりあえず落ちついた。

ニンゲンがやってこないこの場所は、ふたりにとってはお気に入りスポットなのだろう。


180228_101.jpg

180228_102.jpg

そしてふたりそろってベンチの上でグルーミングをはじめた。


180228_103.jpg

180228_104.jpg

それも同じ姿勢で同じ部位をグルーミングするという、見事なシンクロ状態で。

こういうのを『阿吽の呼吸』とか『以心伝心』とかいうのだろう。

これまで数組の海岸猫の親子を見てきたが、これほど仲のいい親子はめずらしい。


180228_105.jpg

180228_106.jpg

グルーミングを終えたサキはベンチから跳び下りると、早足で踏み分けを歩いていく。

そのまま数メートルほど進めば、先ほど越えたばかりのエリアの境界線がある。

サキはふたたび境界線を越えようとしているのか?


180228_107.jpg

けれど私の懸念は思いすごしだった。

サキは踏み分け道のわきにある松の木にひらりと跳び乗った。

こういう場面を目にするたびに、猫の身体能力、とりわけ跳躍力にはほとほと感心する。

このときもサキは助走もせずに1メートルあまりジャンプした。


180228_108.jpg

猫は自分の身長の5倍ほどの高さまで跳び上がれる。

健康で標準的な体型の成猫の場合、その高さは1.5メートルほどになる。(なかには2メートルもジャンプする猫もいるそうだ)

ちなみにこの数値を身長170センチのニンゲンにおきかえると、8.5メートルもの高さになり、これは住居用の建物の3階部分にあたる。

想像してみてほしい、ニンゲンが垂直跳びでマンションの3階のベランダに着地する光景を。

その光景を頭に描くことができれば、猫の跳躍力がいかに驚異的かがある程度は実感できるだろう。


180228_120.jpg

リンはというと、ベンチにうずくまり顔だけを向けて娘の行動をじっと見つめている。


180228_109.jpg

180228_110.jpg

サキは警戒心のこもった目で何かを追いはじめた。

やがて私の視界の片隅にレンガ道をとおっていく人影が入りこんでくる。


180228_111.jpg

海岸散策や犬の散歩、ジョギングなどするひとの大半は海辺近くの道路を利用し、レンガ道を往来するひとはあまりいない

それはそうだろう、せっかく海岸に来たのだから海が見えない防砂林の中にあるレンガ道をとおるのはそれなりの目的があるか海に興味のない人たちだろう。

そしてそのようなニンゲンはごく少数派だ。


180228_112.jpg

だからこそ海岸猫たちは警戒するのかもしれない。

自分たちに敵意や害意を持ったニンゲンがその少数派の中にいる可能性が高いと本能的に察知して。


180228_121.jpg

180228_122.jpg

ベンチを離れて近くの松の根元に座りこんだリン。


180228_123.jpg

180228_124c.jpg

リンの視線が向けられている先には今しがた探索したショベルカーがあり、境界線のネット越しにアームの一部がここからも望むことができる。

リンはまだショベルカーへの興味を捨てきれないのだろうか?


180228_125.jpg

180228_126.jpg

何をしているのか私にはうかがい知れないが、灌木の奥にやはり腰を下ろしたサキの姿が見える。

先刻の重機探索で緊張を強いられた反動なのか、ふたりがやや気の抜けたまったりとした時間を過ごしているように私には感じられた。


180228_127.jpg

融通無碍に生きている猫は気散じも得意で退屈などしないと言われている。

が、果たしてそれは事実なのだろうか?

猫だってニンゲンと同じようにときには無聊に苦しむことがあるのではないか、彼らとの交誼を深めるにつれ私はそういう想像をするようになった。


180228_113.jpg

リンが移動すると、サキが灌木の茂みから出てきてリンのもとへ駆けつけてきた。


180228_114.jpg

そしていきなりリンの顔をグルーミングしはじめる。


180228_115.jpg

180228_116.jpg

リンはいささか辟易気味で、目を閉じてじっと我慢しているという印象をうけるのだが‥‥。


180228_117.jpg

180228_118.jpg

サキは母のそんな様子を気にすることなく丁寧かつ執拗にグルーミングをつづける。


180228_149.jpg

180228_150.jpg

しかしさすがに耐えられなくなったのか、リンは目を見開くと娘の顔をにらみつけた。

するとサキはようやくグルーミングをやめ、あらぬ方を見つめる。


180228_119.jpg

ふたりがもし無聊をかこっているとしても、私にできることは限られている。


180228_128.jpg

180228_129.jpg

私はふたりをうながすようにレンガ道をエリアの中心へ向けて歩きはじめた。

すると、まずサキが私のあとを追ってきた。


180228_142.jpg

そして私のわきを足早に通り抜けると、そのままレンガ道を進んでいく。

サキはどうあっても私に先行されるのを避けたいようだ。


180228_144.jpg

180228_143.jpg

リンも私のあとについてきたが、なぜか途中で歩みをとめレンガ道に座りこむと、サキのうしろ姿を見送っている。

そこで私はリンに声をかけた。「リン、一緒にエサ場へ行こう」


180228_130.jpg

180228_131.jpg

やがてリンはおもむろに腰を上げると、悠然とした足運びで歩きはじめた。


180228_132.jpg

180228_133.jpg

リンは表情をひき締め前方を見据えたまま、一歩一歩地面の感触をたしかめるような足どりでこちらに向かってくる。


180228_134.jpg

180228_135.jpg

私はリンの歩く姿を正面から見るのが好きだ。

ライオンやトラなどの大型ネコ科動物を彷彿とさせる威風堂々としたその歩き方が大好きだ。


180228_136.jpg

180228_137b.jpg

実際には猫としても小柄なリンがどうやってこうした貫禄や風格を獲得したのか、不思議なのだが。

威圧感のある表情、昂然とした物腰、それらはエリアのリーダーであるという自覚から必然的に身についたのかもしれない、と私は思っている。


scenery180228_01.jpg

180228_138b.jpg


180228_139.jpg

180228_140.jpg

エサ場へ到着してすぐにリンとサキに食事を与えた。


180228_141.jpg

今の私がふたりの無聊を慰められるとしたら、とどのつまりは腹を少しだけ満たしてやることくらいしかないのだ。


180228_152.jpg

180228_151.jpg

食べ物に対して恬淡なリンはあっさりとトレイから離れた。


180228_145.jpg

180228_146.jpg

けれど若いサキは食べることに対してまだまだ貪欲だ。

自分のトレイを空にすると、リンがの残したキャットフードにも口をつけた。


180228_153b.jpg

180228_154b.jpg

リンは防砂林から出て “海の方” を眺めはじめる。

しかしリンの目線の高さでは防砂柵にさえぎられ、海はごく一部しか見えない。


180228_155.jpg

180228_156.jpg

180228_157.jpg

やがてリンはやおら立ち上がると、慎重に歩を進めはじめた。


180228_158.jpg

そしてしばらく行くと、いきなり身体を地面に横たえた。リンがこのような姿態をさらすことは滅多にない。


180228_159.jpg

猫がつくる様々なポーズのなかでは、この “ゴロ寝” がもっとも可愛いと感じるひとも多いだろう。

だがこのときの私にはそういった心証などいっさい湧いてこなかった。

なんとなればこの場所は海岸沿いを走る道路のすぐわきなので、否が応でも人目につくからだ。

野良猫はニンゲンの注意をひかないようひっそりと暮らすのが肝要であり、それが生命を永らえる条件でもある、と私自身は常々思っている。


180228_160.jpg

180228_161.jpg

どんな気配を察知したのか私には分からなかったが、リンは慌てて身体を起こすと、身構えるが早いか出し抜けに駆けだした。


180228_162.jpg

180228_163.jpg

180228_164.jpg

180228_165.jpg

そして道路を一気に横断し防砂柵に突進すると、ジャンプ一閃、柵の上に跳び乗り、そのまま向こう側へ身をおどらせた。

人通りが多いこの時刻の海岸沿いの道にリンが出るのは稀であり、ましてや柵を越えて海辺へ近づくことなどこれまでついぞ見たことがない。

いったい何をしてリンをこのような行動をとらせたのか、私はいぶかると同時に呆気にとられた。

リンは性懲りもなく、またぞろ好奇心をそそられる新たな対象物でも発見したのだろうか?



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~