プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

侵入者 (中編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



私が3度目にキジトラと会ったのは、夏がすぎ秋が日毎に深まっていく時節だった。

場所は以前とおなじリンエリアのエサ場。

ただし、キジトラの印象は前回と少しちがっていた‥‥。


180522_072.jpg

キジトラはエサ場のすぐそばで香箱をつくっている。

そして前回とおなじように私の顔をまっこうから見つめ返してくる。


180522_073b.jpg

キジトラと私との隔たりは前回より更にちぢまり、3メートルほど。

しかしその表情からは驚きや怯え、戸惑いといった感情はうかがえない。少なくとも私の目には。


180522_075b.jpg

そう感じるのは、間近にせまった冬に備えて自ら脂肪をたくわえているせいか、あるいはこのエリアの食料事情の良さのせいか、以前より身体がひとまわり大きくなり、顔もふっくらとして穏やかになったことが原因のひとつかもしれない。

けれど‥‥。


180522_074.jpg

以前のおどおどした態度が後退し、ふてぶてしささえ感じさせるキジトラのたたずまいを見た私は一抹の不安を覚えていた。


180522_076.jpg

180522_077.jpg

防砂林からレンガ道にでたところで、こちらへ向かってくるリンとサキに出くわした。

母を先導しているサキは私のすぐわきを足早に通りすぎていった。


180522_078b.jpg

180522_079b.jpg

180522_125.jpg

とくにこれといった目的がないのか、リンは周囲を見まわしながらのんびりとした足取りで歩いてくる。

することがないから取りあえず娘のあとについていくだけ、といった印象を受ける。


180522_080.jpg

「リン、どこへ行くんだ?」私がそう尋ねても、リンは私を一顧だにしないで目の前を横切っていった。

「いつもならすり寄って歓待してくれるのに、今日はずいぶんつれないな」


180522_081b.jpg

180522_089.jpg

リンとサキはエサ場とは逆の方角へ向かっている。

もしかしたらふたりはキジトラの姿を目撃し、それで彼を忌避してエサ場からはなれようとしているのかもしれない、と私はそんな想像を働かせた。


180522_082b.jpg

180522_083b.jpg

180522_088.jpg

それというのもこの時期、エサ場近くでリンとサキの名を呼んでも姿を見せないことが多いからだ。

そしてふたりを捜してエリアを歩いていると、エサ場から遠くはなれた防砂林で彼女らを発見する機会が増えていた。


180522_084.jpg

私があとを付いてくるのに気がついたのだろう、リンはふいに立ちとまると私の方をふり返った。

「ついてくるなら早く来なさい」とでも態度でしめしているのだろうか。


180522_085.jpg

しばらくすると、リンは前に向き直りサキのあとを追いはじめる。

私もすぐにふたりのあとを追ってレンガ道を進んでいった。


180522_096.jpg

180522_097.jpg

リンとサキはそれから踏み分け道をつかって防砂林のなかへ足を踏み入れた。

そしてリンが立ちどまると、先行していたサキが引き返してきて、母にならって防砂林の一画を見つめはじめる。


180522_098.jpg

180522_099.jpg

しばらくは母のそばにいたサキだったが、やがてきびすを返すとひとりで防砂林の奥へ向かっていった。


180522_100.jpg

だがリンは踏み分け道に座って防砂林の一画を凝視したまま動こうとしない。

いったい何を見つめているのか私も気になり、リンの視線の注がれているあたりをうかがってみたが、とくに変わった物は目につかなかった。


180522_101.jpg

180522_102b.jpg

おそらくリンは視力にたよることなく、猫の五感のなかでもっとも感度が優れている聴力で何かを感知しているのだろう。

猫の聴力はとりわけ高周波の音を聴きわける能力に長けていて、犬の可聴域が40~65000ヘルツなのに対して猫の可聴域は25~75000ヘルツにもおよぶ。


180522_103.jpg

180522_104.jpg

リンは突然身体を起こすと、サキが向かった逆の方向、つまりさっき来た道をひき返しはじめた。


180522_105.jpg

180522_106.jpg

リンは脇目もふらず、立ちどまることもなく、しっかりとした足取りで歩いていく。

サキとリンのどちらについていくか、私は踏み分け道にたたずんでしばし考えたが、結局リンのあとを追うことにした。


180522_107.jpg

180522_108.jpg

すると母の動向をうかがっていたのだろう、サキもリンのあとを追ってレンガ道にでてきた。

リンは相変わらず前を見つめたまま迷いのない足運びでレンガ道を進んでいく。


180522_109.jpg

180522_110.jpg

いっぽうのサキはやや戸惑い気味に歩を運んでいる。

母がどこへ向かっているのか、どうやらサキにはまだ理解できていないようだ。


180522_111b.jpg

母に置いてきぼりにされるのが嫌なのか、サキはいきなり走りだした。


180522_112.jpg

180522_113.jpg

成長するにしたがい単独行動が多くなったとはいえ、やはりサキは母のことを頼りにし慕っていることがよくわかる。


180522_087.jpg

リンたちに導かれてべつの区画の防砂林に入っていくと、そこにボランティアの宮本さんがいた。

「なるほど、そういうことだったのか」今しがたリンがとっていた不可解な行動の理由がこれでわかった。


180522_127.jpg

リンは樹木ごしに宮本さんの気配を察知して、それでさっきあれほど執拗に防砂林の一画を見つめていたのだ。

私の見当だと、リンが座っていた位置からこの場所までの方角とリンの視線はほぼ一致している。


180522_128.jpg

180522_129.jpg

180522_130.jpg

食事の用意をはじめた宮本さんを前に、リンは行儀よく腰をおろして待っているのに若いサキはそわそわと落ちつかない。


180522_114.jpg

私はふと感じた疑問を宮本さんにそのまま投げかけてみた。

「どうしてエサ場ではなく、こんなところでふたりに食事を与えるのですか?」と。


180522_115.jpg

すると宮本さんは言った。「キジトラがエリアに来はじめてからはリンとサキがエサ場に寄りつかなくなったので仕方なくここでやっているんです」

更にせっかくの猫ハウスも使わずにふたりはべつのところで寝ている、と言う。


180522_116.jpg

180522_117.jpg

どうやら私の心配していたことが既に現実となっているようだ。

そもそもの発端は異なっているけれど、いわゆる『庇を貸して母屋を取られる』状態にリンとサキは陥っているのだ。


私は宮本さんにキジトラがエサ場にいることを話した。

それを聞いた宮本さんはリンとサキに食事を与え終えると、エサ場へ向かった。


180522_118.jpg

180522_119.jpg

宮本さんが海岸に来ていることを知っていたのか、キジトラはさっきとおなじ場所におなじ姿勢で待っていた。

そして宮本さんが食器にキャットフードを盛ると、キジトラはすぐに “食卓” に跳びのった。


180522_120.jpg

前回私が猫缶を与えたときと同様に、キジトラからは飢餓感というものがまったくといっていいほど見受けられない。

まだ馴染みのない私が目の前にいる状況であっても、少しも慌てずに一口ひとくちキャットフードを賞味している。


180522_121.jpg

その様子を見ているうちに、以前にも感じた疑念が私の頭にふたたび浮かんできた。

「この子はここにあらわれる前にどこでどんな暮らしをしていたのだろう?」


180522_122.jpg

180522_123.jpg

ニンゲンをあまり怖がらない、そしておっとりとした食事の仕方、これらのキジトラのふるまいは生存競争のきびしい環境にいる野良猫のそれとは明らかにちがっている。

たとえ野良猫であったとしても、誰かの手厚い世話を受けていたと思われた。


180522_124.jpg

そうなると、野良猫としては比較的恵まれた環境にいたキジトラがなぜ、命を賭してまで危険な国道をわたって海岸へ来る必要があったのかという、おおきな疑問がのこる。

だから、酷薄な飼い主によって海岸へ遺棄された “捨て猫” の可能性も現状では否定できない。


180522_126.jpg

そこへたまたまボランティアの松田さん、そしてやはり海岸猫を通じて知り合った堺さん(仮名)がエサ場に相ついでやってきた。

やがて話題の中心は、キジトラの出現によってリンとサキのふたりがエサ場に寄りつかなくなったことへと、自然に移っていった。


scenery180522_01.jpg

scenery180522_02.jpg

それから皆でキジトラのあつかいについて話し合ったが、リンとサキのためとはいえキジトラを追い出すわけにもいかず、しばらくのあいだは静観するしかないという結論におちつき解散した。

私はひとり残ってしばらく海岸猫たちの様子を見ることにする。


180522_131.jpg

リンとサキはエサ場に隣接する場所まで戻ってきていたが、やはりキジトラがいるエサ場には近づこうとしない。


180522_133.jpg

180522_134.jpg

おそらく若いサキはリンよりキジトラを警戒し、そして不安を感じているはず。

このいきなりの “ヘソ天ローリング” ※〔1〕も、その不安をまぎらわすための転位行動のなせる業なのかもしれない。


180522_135.jpg

180522_136.jpg

180522_137.jpg

それともただ母にかまってもらいたい気持ちをあらわしているだけなのか?

というのも、先ほども同じ印象をうけたが、今日のサキはリンから離れようとせず常に行動をともにしているからだ。


180522_138.jpg

いずれにしろ、キジトラが突然自分たちのエリアにあらわれたことへの怖れや戸惑いが、サキの精神になんらかの影響を与えているのは確かだろう。


180522_139.jpg

180522_140.jpg

猫はときおりニンゲンには理解できない奇妙かつ突飛な行為を見せることがある。

リンのとった行動は、サキのヘソ天ローリングよりも更にこの場にそぐわない不可解なものだった。


180522_141.jpg

頭頂部を地面に押しつけたリンはそのまま頭を左右にぐるぐると回転しはじめた。

リンはもちろんだが、ほかの猫でもこのような動作をするところを私は今まで目にしたことがない。


180522_142.jpg

180522_143.jpg

そしてそのまま頭を回転させながらしだいに上体を起こしていく。


180522_144.jpg

まるでブレイクダンスの回転系の技、たとえば『ヘッドスピン』とか『ウィンドミル』などに挑戦し、途中でやめたようなイメージ、とでも言えばいいのだろうか。

私は思わず「何をしようとしたんだリンは?」と言いながら首をひねった。


180522_145.jpg

180522_146.jpg

が、当のほんにんは何ごともなかったように、平素の表情をして前方を見つめはじめる。

ヘッドスピンする猫、そんな猫が本当にいたらさぞ話題になるだろうな、なんてくだらない想像が私の脳裏をかすめた。


180522_147.jpg

180522_148.jpg

閑話休題。

海辺の道路を往来するひとを見つめるリンの脳裏にいったい何が去来しているのか、私には想像するしかないけれど‥‥。


180522_149.jpg

エサ場をキジトラに占拠され、エサ場に戻りたくても戻れない状況にリンとしても内心穏やかではないはずだ。

だからもしかしたら先ほどのブレイクダンスもどきの奇妙な動きをしたのも、その心理が表出した結果かもしれない。


180522_150.jpg

180522_151.jpg

リンのわきをサキが通りすぎていく。

それも母の関心をひくつもりなのか、リンの鼻先をかすめるように横切る。


180522_152.jpg

180522_153.jpg

180522_154.jpg

大きな歩幅で砂山を悠然とおりていったサキだったが、道路近くまで来たところで突然目を見張り歩みをとめた。


180522_155.jpg

つぎの瞬間、サキは慌てた様子で身をひるがえす。


180522_158.jpg

180522_159.jpg

サキはそれから砂山を小走りでのぼり、元いた場所へ戻ってきた。


180522_160.jpg

そしてしかめっ面で道路の先を見つめながら舌なめずりをする。

まるで不味いものでも口にしたかのように。


180522_161.jpg

振りかえると、飼い主に連れられた黒い犬が道路を通りすぎていくのが見えた。


180522_162.jpg

180522_163.jpg

サキが道路にでて何をしようとしたのかは知るよしもないが、散歩中の犬が通っただけでやめてしまうくらいだから大したことではないはずだ。

唐突にグルーミングをはじめたサキ。おそらく気散じのためにやっているのだろう。


180522_164.jpg

180522_165.jpg

サキの背後、灌木のわきに座っていたリンが突然上体をかがめて身構えた。

今度は防砂林の奥から散歩中の犬でもやって来たのだろうか?


180522_166.jpg

サキも気配を察知したのか、リンに近づくとぴたりと寄り添った。

リンはそんなサキには一顧も与えず、防砂林の方を凝視したまま身じろぎしない。


180522_167.jpg

180522_168.jpg

しかしサキにはリンのような緊張感は微塵もなく、リンのとなりで毛づくろいをはじめた。

どうやらサキは何かを感知したわけではなく、ただ母のそばに近寄りたかっただけのようだ。


180522_169.jpg

私は砂山の反対側へ行き周囲を見まわしてみたが、人の姿も犬の姿も確認できなかった。

リンはいったい何に対してこれほど鋭い視線を送りつづけているのだろう?


180522_170.jpg

180522_173.jpg

「そうか!」ここにきて私にもようやく理解できた。リンが何を見つめているのかが。

リンの視線は最初から防砂ネットを通して隣接するエサ場にまっすぐ向けられていた。


180522_171.jpg

180522_172.jpg

そして、そこにはキジトラがいる。


scenery180522_03.jpg

scenery180522_04.jpg

数ヵ月前からリンエリアのエサ場に姿を見せはじめた正体不明のキジトラ。

宮本さんたちの話では、そのキジトラのせいでリンとサキはエサ場に寄りつかなくなった。


scenery180522_05.jpg

scenery180522_06.jpg

これまで母娘ふたりで比較的穏やかに暮らしてきたリンとサキにとって、このキジトラの存在は頭上に垂れこめた暗雲のようなものかもしれない。

エサ場を追われ、ねぐらを失ったリンとサキの生活が今後どうなっていくのか、いましばらく見守っていく必要がありそうだ。



〈つづく〉



脚注
※〔1〕『ヘソ天ローリング』ヘソ天状態で身体を左右にゆする行為。管理人による造語。



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

おはようございます(^_-)-☆

リンちゃんとサキチャン、心配ですね・・・。新しい子も来るなとは言えず、
猫社会も難しいですね。

猛暑が続いておりますので、体調に留意してくださいね(#^.^#)

Miyuさんへ

仲良くしてほしいのですが

野良猫社会には人間社会とは異なるルールがあるのでしょうね。
ですから先住者であるリンとサキが優位な立場にあるとは限らず、
単純に力関係が優劣を決定しているのかもしれません。

ボランティアの人も私も彼らが諍いを起こさず
仲良くしてくれることを願っているのですが‥‥。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~