プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

侵入者 (後編 2)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



宮本さんと防砂林のなかを散歩している最中、サキとキジトラは一触即発のにらみ合いをはじめた。

とはいえ、諍いを招くような出来事が直前にあったわけではない。

サキがなんの前触れもなくキジトラに近づき、それを見たキジトラが思わず先制攻撃をしたのだ。

そもそもサキが敵愾心や害心をいだいてキジトラに歩み寄ったのかどうか、私には判断がつかない。


180522_255.jpg

サキとキジトラは声をあげることなくにらみ合っている。

キジトラはやや逃げ腰だが、サキと同様にほとんど身じろぎしないでその場にとどまっている。

お互いつぎにどう行動するべきかためらっているようだ。


180522_256.jpg

サキがいきなり身体をひるがえし、ゆっくりとした足付きでその場から離れていく。

キジトラは安堵したのだろうか、呆けたような表情をしている。


180522_257c.jpg

180522_258c.jpg

相変わらず三叉路のまん中に座っているリンは娘とキジトラの諍いを目撃したのだろうか?

そして緊迫した状況を目の当たりにしても、娘に加勢したり仲裁することを差しひかえたのだろうか?

もしかしたら猫はその性格からして、ニンゲンの親にありがちな “子供の喧嘩に親が出る” という愚かしい考えなど持っていないのかもしれない。


180522_259.jpg

180522_260.jpg

サキはキジトラをときおりふり返りながら防砂林の奥へと進んでいく。

一方のキジトラは座りこんだまま防砂林の一画を見つめ、固まったように身動きしない。

「サキとふたたび衝突しないように、あえて目を合わさないようにしているのかもしれない」


180522_261c.jpg

180522_262c.jpg

ここにきてリンはようやく視線をさだめ娘の後ろ姿を見送っている。


180522_263b.jpg

180522_264b.jpg

180522_265b.jpg

サキは歩調を速めて防砂林の奥へと進んでいく。

おそらく先に行ってしまった宮本さんに追いつこうとしているのだろう。


180522_266.jpg

どういう経路で先まわりしたのか、キジトラが道端にたたずんでいて、サキが近づくと「ニャオ」と声をかけた。

彼が何を訴えているのか私には理解できないが、その声音と態度からサキに敵意を持っていないことだけは確かだ。


180522_267.jpg

180522_268.jpg

だがサキはキジトラを一瞥しただけで、足ばやに通りすぎていった。

肩透かしを食らう格好になったキジトラはサキを見送ると、そばにいる私に視線を投げかける。


180522_269.jpg

180522_270.jpg

どうするべきかその場に佇立して考え込んでいる様子のキジトラだったが、やがて思いを定めたように身体をひるがえすと、サキのあとを追って歩きはじめた。


180522_271.jpg

一方リンはというと、皆が防砂林の奥へ行ってしまってもあくまでマイペースだ。


180522_272.jpg

180522_273.jpg

リンは灌木の葉の匂いを熱心にかいでいる。

この光景はよく目にするが、おそらく彼女は自分のエリアにほかの猫のマーキングの痕跡があるかどうかを調べているのだろう。


180522_274.jpg

しばらくそうしていたリンだったが、おもむろに身体を反転させると、踏み分け道を防砂林の奥へと進みはじめた。


180522_275.jpg

180522_276.jpg

180522_277.jpg

皆に遅れをとっていても、リンの足取りに焦りなどはまったく感じられず、ゆっくりと歩を運んでいく。

みんながどこへ向かったのか、たぶん彼女にはわかっているのだろう。


180522_278.jpg

180522_279b.jpg

数分後、リンは今はもう誰にも使われることなくうち捨てられたベンチの上に腰かけていた。

結局最後尾を歩いていたリンが一番最初に宮本さんに追いつくことになった。


180522_280.jpg

しばらく待っていると、まずキジトラがやって来た。キジトラの後ろにはサキの姿も見える。


180522_281.jpg

宮本さんはしゃがんでキジトラを迎える。

しかしキジトラは前方を見つめたままふいに立ちどまってしまった。


180522_282.jpg

180522_283.jpg

キジトラの背後に近づいたサキはキジトラと目が合うと、あわてて方向転換した。

さっきの緊迫したにらみ合いのわだかまりがまだ残っているのだろうか?


180522_284.jpg

やがてキジトラは神妙な顔つきで、その場にしずかに腰をおろした。


180522_285b.jpg

180522_286b.jpg

リンとサキは宮本さんにもらったカリカリを食べている。

さっき食事を終えたばかりなのに、ふたりは食欲旺盛だ。

宮本さんはキジトラの分のカリカリもちゃんとベンチの上に置いてある。


180522_287.jpg

だがやはりここでもリンとサキに気兼ねしているのか、キジトラは近づいてくるどころかふたりに背を向けてしまった。

リンとサキはそんなキジトラに一顧も与えずに黙々とカリカリを食べつづけている。


180522_288.jpg

180522_289.jpg

やがて踏み分け道のまん中で毛づくろいをはじめたキジトラ。

これは通常のグルーミングなのか、それとも屈託を軽減させるための転位行動なのか?


180522_290.jpg

猫のグルーミングには手順があり、上半身から下半身へ、上から下へ行われるのが通常だ。

ところが今回キジトラはいきなり後ろ脚から毛づくろいをはじめた。


180522_293.jpg

180522_294.jpg

そして今度は上半身に移り、腹をグルーミングしはじめる。

とはいえ、これだけで転位行動からの行為だと判断するのは早計かもしれない。


180522_292.jpg

180522_291.jpg

ただ宮本さんが与えたカリカリに口もつけず、皆から離れて独りで毛づくろいするキジトラの姿が、私の目にはなんとなく寂しげに映る。

私がそう感じるのは、エサ場で食事をしたにもかかわらず、こんな防砂林の奥までリンとサキのあとを追ってきた彼の心情を想像したからだ。


180522_295.jpg

180522_296.jpg

見ると、リンとサキはすでにカリカリを食べ終えベンチから下りている。

リンは満腹になったのか地面に身体を横たえてくつろいでいるが、サキは硬い表情でこちらに向かって歩きはじめた。


180522_297.jpg

サキはそれから私のわきをとおり抜けると、毛づくろいしているキジトラの直前で立ちどまった。


180522_298.jpg

キジトラも気配を察知したのだろう、毛づくろいをやめると顔をあげてサキと目をあわせた。

しかしふたりからは、先ほどにらみ合ったときのような緊迫した空気は感じられない。

キジトラは無防備なかっこうで地面に横たわったまま、動く気配すら見せないでじっとしている。


180522_299.jpg

180522_300.jpg

我慢くらべのような対峙に根負けしたのか、サキはキジトラを避けて迂回していく。

キジトラはそんなサキへちらりと視線を投げかけただけで、すぐに元の体勢に戻った。


180522_301.jpg

180522_302.jpg

サキはふり返りもせずに踏み分け道を防砂林の奥へと進んでいく。

サキとパンチの応酬をしたときの尻込みしたさまや、これまでの遠慮がちな振る舞いとはうってかわった昂然としたキジトラの態度を見て、私はいささか意外な感じがした。


180522_303.jpg

180522_304.jpg

そしてこのとき私はふと思い至った。「キジトラはあえて動かなかったのではないか」と。

先述したように、腹を満たしたにもかかわらずキジトラはリンとサキのあとを追ってきた。

それはキジトラがふたりと近しくなりたいという切実な動機を持っていたからだ、と私は推測している。


180522_305.jpg

180522_306.jpg

つまり、サキが目の前にたたずんでも姿勢をくずさず、またそのあとも耳でサキの動向を探りつづけ、そしてサキが灌木の陰に消えていく後ろ姿を名残り惜しそうに見送ったのも同じ動機からではないかと感じたのだ。


180522_307.jpg

180522_308.jpg

180522_309.jpg

だがこれまで眷族以外と暮らしたことのないリンとサキが、近しくなりたいという彼の想いをすんなり受け容れるだろうか?


180522_310.jpg

180522_311.jpg

リンがキジトラを凝視している。

彼女が新参者で侵入者でもあるキジトラをどのように見ているのか‥‥、正直私にはわからない。

「ひょっとしたらリン自身も、キジトラにどう対応するべきかまだ決めかねているのかもしれない」


180522_312.jpg

180522_313.jpg

180522_314.jpg

リンの視線に気圧されたのか、キジトラはさらに離れた場所へ移動した。


180522_315.jpg

180522_316.jpg

やがてサキが戻ってきた。そしてリンのそばまで来ると、ごろりと地面に横たわった。


180522_318.jpg

180522_319.jpg

サキは自分たちがカリカリを食べているあいだに帰途についた宮本さんの姿を捜し求めて防砂林のなかを歩きまわっていたのかもしれない。

実際、サキは宮本さんを本当の “父親” のように慕っているからあり得ないことではない。


180522_317.jpg

180522_320.jpg

木漏れ日を受けながらのんびりと毛づくろいするサキ、そしてその娘の姿を見つめるリン。

こうした穏やかなひとときは外で暮らす野良猫にとって、とても貴重で大切なものなのだろう。

むろんあくまでも私の推量だが。

と、そのときだった‥‥。


180522_321b.jpg

180522_322.jpg

キジトラが緩慢(慎重というべきか)な歩調でリンとサキに近づくと、そばのベンチの上にあがった。

その様子をリンとサキは身じろぎしないで見つめている。


180522_323.jpg

キジトラはそれからベンチの端に腹ばいになり、正面の防砂林の一画を眺めはじめた。

だが耳を横に向けているところを見ると、キジトラが関心を持っているのはこれといった対象物もない灌木の茂みなどではなく、リンとサキなのは明らかだ。


180522_324.jpg

キジトラとリンたちとの間合いは、エサ場で最接近したときとほぼ同じ2メートル。

この2メートルという間隔は、猫が争いを避けるために逃げだす『逃走距離』と呼ばれている。

ちなみに敵対しあっている猫の双方、あるいは片方が逃走距離を突破すると、攻撃も辞さない『臨界距離』になる。

逃走距離2メートルは、新参のキジトラと先住のリンとサキにとって越えられない “壁” として、これからも存在しつづけるのだろうか‥‥?



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

wabiさん こんにちは♪

お久しぶりです お元気でお過ごしでしょうか
私は何とか工夫しながら生きています

2わんを見送らなければと言う想いが生きる力を与えてくれています
逆にだいちゃん&みんしゃんと言う若いにゃんこにとても癒やされています

にゃんこに癒やされる日々が来るとは想像もしていませんでした
総ての野良にゃんこさんが幸せになる道はまだまだ遠いのでしょうかね

今も外猫さんにご飯を上げています 適度な距離を保ちながら良い関係を築けています
だいちゃんもみんしゃんもこの外猫さんとは窓越しにいつも対面しています

はやとうりさんへ

生きんとする意志

不定期更新の私のブログにコメントは滅多にこないので、
最近はチェックすらしなくなり、承認・回答が遅れてしまいました。
申し訳ありません。

「愛犬、愛猫は言うに及ばず、外で暮らす猫たちからも生命力を感じ
それに倣って前を向いて歩いていく」
私もはやとうりさん同様、彼らからこういった感化を受けています。

とくに野良猫たちの“生きんとする意志”には感嘆することしきりですが、
私にはとても彼らのように生きていくことができず、戸惑い立ち止まってばかりです。(笑)

体調が優れずブログの更新もままなりませんが、焦らずゆっくりやっていくつもりです。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~