プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

侵入者 (後編 3)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



果たしてキジトラはリンとサキとのあいだに見えない壁として立ちふさがる『逃走距離』2メートルを縮められるのだろうか。

そしてリンとサキはそれを許すだろうか‥‥?


180522_325.jpg

キジトラは用事を思い出したようにふいにベンチから下りると、レンガ道に通じる踏み分け道を歩きはじめた。


180522_326.jpg

180522_327.jpg

ところが数メートル進んだところで、キジトラはあわてた様子できびすを返した。

今度はなにか大切な物を忘れたかのように。


180522_328.jpg

180522_329.jpg

そして一歩一歩を確かめるように慎重な足取りで引き返してくる。

自分を見つめているリンとサキには目もくれないで。


180522_330b.jpg

180522_331b.jpg

キジトラはそれからさっきまで腹ばいになっていたベンチへふたたび上がった。

「またここでリンとサキに接近する機会をうかがうつもりなのか?」


180522_332b.jpg

180522_333b.jpg

だがキジトラはほんの少しためらったあとでベンチから跳び下り、私の背後へまわりこんだ。


180522_337.jpg

そして歩調をはやめて踏み分け道を進んでいく。


180522_338.jpg

やがてキジトラは踏み分け道を外れて木立のなかへ入っていった。


180522_334.jpg

リンとサキはそんなキジトラの一挙一動をじっと見つめている。


180522_340.jpg

180522_341.jpg

キジトラは下草の上に身体を横たえると、こちらを眺めはじめた。

まるで防砂林を背にした安全圏から我々を観察するように。


180522_335.jpg

180522_336.jpg

リンとサキもまた、その場にとどまったままキジトラを凝視しつづけている。


180522_342b.jpg

180522_343b.jpg

先ほどキジトラが見せた不可解な行動にはいったいどういう意味があるのだろう?


180522_344b.jpg

180522_345b.jpg

ただの気まぐれなのか、それともなんらかの意図があってことなのだろうか。

たとえばリンとサキの関心をひくためのパフォーマンスだったとか‥‥。


180522_379.jpg

鳴き声や表情から猫の心理を知ることはある程度可能だ。

さらに耳の倒し方、しっぽの形状、姿勢などを仔細に観察すれば彼らの大まかな喜怒哀楽の感情は理解できる。


180522_380.jpg

180522_381.jpg

だがこまやかな心の機微まではとらえられない。

そもそも言葉が通じ合う(言葉が通じ合うからこそともいえる)人間同士でも相手の本心などわかりはしないのだから、仕方のないことかもしれない。


180522_347.jpg

180522_348.jpg

サキが目の前を通りすぎると、キジトラはあわてて起き上がりサキのあとを追いはじめた。


180522_349.jpg

レンガ道に出たサキは、あとから付いていくるキジトラに一顧も与えないで歩を進める。

キジトラはそのサキから一定の距離をたもったままあとについていく。


180522_350.jpg

180522_351.jpg

サキはしばらくレンガ道をまっすぐ進んでいたが、ふいに方向を変えると灌木の茂みのなかへ入っていった。

「サキはキジトラが追ってくることに気づいて方向転換したのかもしれない」


180522_352.jpg

キジトラは歩みを止めるとレンガ道のまん中に腰を下ろし、灌木のなかを見つめはじめた。

私のいる場所からは確認できないが、おそらくキジトラは灌木をとおしてサキの動きをうかがっているのだろう。


180522_358.jpg

180522_359.jpg

ひとしきりそうしていたキジトラだったが、おもむろに腰を上げるとゆっくりとした足付きで灌木の茂みへ入っていった。

彼らにすれば灌木の茂みもただの “道” なのだろうが、私にとっては障害物でしかなく、これ以上彼らのあとを追っていくのはあきらめた。


180522_353.jpg

180522_354.jpg

戻ってみると、リンは先ほどと同じ場所、そして同じ体勢で香箱をつくっていた。

考えてみればカリカリを食べ終えてからリンはまったく居場所を移動していない。

おそらく1センチも動いていないだろう。


180522_355.jpg

180522_356.jpg

180522_357.jpg

サキが気まぐれに立ち去っても、キジトラが目の前をあちこちしても、リンはまったく動じることなく泰然としている。

私はその落ちつき払ったリンの態度にある種の風格さえ感じた。


180522_360.jpg

気配を感じて振りかえると、サキとキジトラの姿があった

サキは灌木の茂みの陰、そしてキジトラは踏み分け道のまん中にうずくまっている。


180522_361.jpg

どうやらキジトラはあれからずっとサキのあとを追ってきたようだ。

「まるでストーカーだな‥‥」やはりキジトラはサキと近しくなりたいのだろう。


180522_362.jpg

180522_363.jpg

だがサキの表情と態度を見ていると、キジトラのその想いはサキには届いていないように、私には思えるのだが。


180522_364.jpg

180522_365.jpg

出自や生い立ちは不明、そして海岸へやってきた経緯もまったくわかっていないキジトラ。

それでも人馴れした性格をもっていることから、元もとは飼い猫だったか、生粋の野良猫であっても誰かの世話を受けていたと思われる。


180522_366.jpg

どんな事情といきさつで以前の生活圏を離れることになったのだろう。

自発的な行為なのだろうか、それともニンゲンの手によって強制的に遺棄されたのだろうか。


180522_367.jpg

サキは身体を起こすと、ゆっくりとキジトラの方へ歩きだす。

それを見たキジトラもあわてて立ちあがった。


180522_368.jpg

180522_369.jpg

きびすを返して足早に歩きはじめたキジトラを、サキが姿勢を低くして追っていく。

「ふたりはさっきと立場を変えた追跡劇をしようというのか?」


180522_370.jpg

180522_371.jpg

ところがサキはふいに立ちどまると、灌木とおしてレンガ道の方を眺めはじめた。

その先に目をやると、キジトラもやはり同じように前を見つめたままその場にとどまっている。


180522_372.jpg

180522_373b.jpg

サキはくるりと身体を反転させると、耳を倒し緊張した表情でひき返してきた。

「いったい何があったのだろう‥‥?」


180522_374.jpg

180522_375.jpg

一方キジトラはというと、前を見つめたままその場にうずくまった。

私からは死角になっていてその表情はうかがえない。


180522_376.jpg

180522_377.jpg

サキはリンのそばまで戻っても、レンガ道に向かって視線を注ぎつづける。

リンは相変わらず自若たる態度であらぬ方向を眺めている。


180522_382.jpg

やがてレンガ道を往来する複数の足音が私の耳にも聞こえてきた。

どうやらレンガ道を散歩かジョギングする人が近づいて来、それでサキはあわてて母の元へ引き返してきたようだ。


180522_392b.jpg

リンは傾いた陽の光に目を細めながら、依然として同じ場所に同じ姿勢でうずくまっている。

よほどこの場所が気に入ったのか、それともただ単に動きたくないだけなのか、私にはわからない。


私は帰路につくことにし、防砂林の出口に向かっていった。


180522_393.jpg

そしてしばらく歩いていると、下草のなかに身を潜めるようにうずくまっているキジトラの姿を発見した。


180522_394.jpg

180522_395.jpg

キジトラ柄がまわりの枯れ草や落ち葉の上では保護色となって、じっとしていると人目につきにくい。

ほんにんが意識しているかどうかはわからないが。


180522_417.jpg

ふと視線をうつすと、少しはなれたところからキジトラを見つめているサキの姿が目に入った。


180522_418.jpg

その様子を見ると、どうやら彼女もキジトラの存在が気になっているようだ。

ただ、その関心は何に起因しているのか、敵対的なものからか、それとも友好的なものからか‥、残念ながらサキの表情やたたずまいからはそこまで読みとれない。

* * *

その後、私はリンエリアのエサ場でキジトラの姿を1度だけ見かけた。

それからの私は、降って湧いたようにもちあがった大きな案件に時間をとられ、またそのために持病の気分障害が昂じてしまい2ヵ月間海岸へ行けなかった。

そして7月初旬、その事案にようやくめどがついた。(体調は回復していなかったが)


scenery180522_07.jpg

scenery180522_08.jpg

そこで私は海岸猫に会うため、重い身体を懸命に奮い立たせて、記録的な早さで梅雨明けした夏まっさかりの海岸へおもむいた。

しかし出現率の高い早朝にリンエリアを訪れたにもかかわらず、7月はキジトラの姿を見ることはなかった。

そして8月‥‥。


180522_396.jpg

180522_397.jpg

リンエリアへ到着すると、偶然にも海岸猫たちへの朝の給餌をおえた宮本さんと大塚さんに遭遇した。

私はずっと姿をあらわさないキジトラのことを訊いてみた。すると宮本さんは、

「キジトラはもうこのエリアからいなくなった。聞いたところによると、ここよりずっと東の海岸で目撃されている」と言った。


180522_398.jpg

180522_409.jpg

私が海岸に来られなかったあいだに、キジトラをここから立ち去らせる出来事が起こったのだろうか。

しかしこれまでの状況からすると、新参のキジトラと先住のリンとサキとのあいだに決定的な事件が勃発したとは考えにくい。


180522_410.jpg

180522_411.jpg

去っていく宮本さんと大塚さんの後追いもせず、レンガ道に座って静かに見送ったリン。

リンならもしかしたらキジトラが立ち去った理由を知っているかもしれない。


180522_399.jpg

180522_400.jpg

180522_401.jpg

だがリンに問いただしてみても、「さあ、ワタシは近づいてこないかぎり彼のことは気にも留めていなかったから彼がいなくなった訳なんて分からないし、知りたくもないわ」と言われるのが関の山だろう。


180522_402.jpg

私は自分の目で確かめるためにエサ場へ向かった。

するといつどこから現れたのか、サキが私のあとをついてきていた。


180522_403.jpg

180522_404.jpg

前回サキが見せたキジトラへの態度からは、彼への複雑な想いが感じられた。

サキがキジトラのことをどう感じていたかは不明だが、少なくともリンとは違ってキジトラの存在を強く意識していた。


180522_405.jpg

180522_406.jpg

以前はキジトラに占拠されて滅多に寄りつかなかったエサ場に、今は警戒するそぶりすら見せないでサキは足を踏み入れる。

やはり宮本さんが言ったように、キジトラがこのエリアからいなくなったのは事実のようだ。


180522_407.jpg

180522_408.jpg

サキはキジトラがよく姿を現していたエサ場の裏へ行き、木の枝の匂いをしきりに嗅ぎはじめた。

もしかしたらキジトラが本当に自分たちのテリトリーからいなくなったのか確認するために、サキは毎回こうしてマーキングの跡を調べているのかもしれない。


180522_412.jpg

180522_413b.jpg

やがてリンもエサ場へやってきた。サキと同様、いやサキより更にゆったりとした足運びで。


180522_414.jpg

180522_415.jpg

リンはエサ場の手前で立ちどまりあたりにちらりと視線をめぐらせ、それから悠然とした足取りでねぐらのあるエサ場の奥へ歩を進めはじめた。


180522_416.jpg

キジトラが前触れもなくエリアを去ったことに、私はとくに意外な感じは受けなかった。

なんとなれば去勢手術をうけていない雄猫が、しばらくいたエリアからある日突然姿を消した事例をこれまでもいくつか見てきたからだ。

キジトラの場合はいなくなる数ヵ月前から何日もエサ場に姿を見せなかったという兆候があったからなおさらである。

結局、キジトラはリンとサキとのあいだに横たわっていた2メートルの『逃走距離』を縮めることができなかったのだ。


scenery180522_09b.jpg

キジトラがエリアからいなくなり、リンとサキは以前の生活をとり戻したかに思えた。

ところがこのすぐあとに新たな侵入者がリンエリアを頻繁に侵犯するようになる。

キジトラは温順な性格の猫だったが、このあらたな侵入者の性格はまるで異なっているという。



〈了〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~