プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









ねこ写真展
『大阪 Cat Story』の管理人
Kiryuさんが参加している写真展
『まちねこ美術館シリーズ「Life」』が
以下のスケジュールで開催されます 2017年9月15日(金)~19日(火)
会場:東京・京橋にあるギャラリー
「メゾンドネコ」

詳細は画像をクリックしてください
検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

灰シロ猫後日譚 (中編)

Ranking site
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 



猫の特性のうちで我々ニンゲンがもっとも驚嘆しなおかつ羨望するのは、おそらく彼らが気分転換をいとも簡単に成しとげる点ではないだろうか。

たとえば嫌な目にあったりプライドを傷つけられたりしたとき、ニンゲンは、とくに私をふくむ凡庸なニンゲンはそのことにいつまでも拘泥して屈託を胸中にかかえこむが、猫はそんな愚をけっしておかさない。

以前の記事でも紹介したように、彼らはストレスを感じたとき、『転位行動』でもってその欲求不満をきれいさっぱり解消してしまう。

猫がおこなう主な転位行動としては、グルーミングをする、爪を研ぐ、あくびをするなどがある。


TERUstory_138.jpg

TERUstory_139.jpg

我々ニンゲンもストレスがたまると、一般的には “悪癖” とされている貧乏ゆすりとか頭や顔を掻く、爪を噛むなどの転位行動をとる。

しかし進化の過程で高い知能を獲得した弊害だろうか、私たちの転位行動はしょせん弥縫策的なもので、ストレスをいっとき和らげられても完全に払拭することはできない。


TERUstory_126.jpg

TERUstory_127.jpg

ところがさきに述べたように、猫はそれを難なくやりとげてしまう。

被毛をちょろちょろと舐めただけで、身近にあるものでかりかりと爪を研いだだけで、彼らは失った平常心をとり戻せるのだ。


TERUstory_128.jpg

こちらに向かう直前にテルはグルーミングをした。それも唐突に、かなりぞんざいに。

おそらくこの行為は、リンがいなくなったことで感じている戸惑いを拭い去るための、テルなりの転位行動だと思われる。


TERUstory_129.jpg

テルは私のわきを足速にすり抜けていった。

私はテルがこの区画をはなれて一度エサ場へ戻るかもしれない、と推測した。


TERUstory_145.jpg

TERUstory_146.jpg

ところがリンを追い抜いたあたりできびすを返したテルは、今度はゆっくりとした足取りで引き返してくる。


TERUstory_140.jpg

TERUstory_130b.jpg

そして警察犬よろしく地面に鼻を近づけて臭いを嗅ぎはじめた。

その様子を見て私は直感的に理解した、「テルはまだリンの捜索をあきらめていないんだ」と。


TERUstory_131.jpg

TERUstory_132.jpg

TERUstory_133.jpg

やがてテルはリンを見失った場所までくると、枯葉におおわれた地面の臭いを丹念に調べだした。


TERUstory_134.jpg

TERUstory_135.jpg

犬ほどではないが、猫の嗅覚はニンゲンの1万倍から10万倍の感度があると言われている。


TERUstory_141.jpg

TERUstory_142.jpg

TERUstory_143.jpg

テルの動きがとまった。そうして踏み分け道のある一点をゆっくりとていねいに検分しはじめた。


TERUstory_136.jpg

TERUstory_137.jpg

ひとしきり地面の臭いを嗅いでいたテルだったが、やがて頭をあげ身体の向きをかえると、踏み分け道の入口のほうを見つめたまま身じろぎしなくなった。

リンが立ち去るときにたどった経路の見当がついたのだろうか。


TERUstory_064d.jpg

おそらくテルはリンに帯同した道筋を逆行すると思ったので、私は先まわりして待ちうけることにした。

すると、私の予想どおりにテルは踏み分け道の入口に向かって歩を進めはじめた。

ところが‥‥。


TERUstory_065.jpg

テルは途中で進路をかえると、私の脚に身体を勢いよくすり寄せてきた。


TERUstory_066.jpg

TERUstory_067.jpg

TERUstory_068.jpg

どうやら猫の嗅覚をもってしても、リンの痕跡をたどることはできなかったようだ。


scenery16ts_12.jpg

自分ひとりを置き去りにして姿を消したリンに感じたであろうわだかまりを、テルはうまく解消できたのだろうか。

猫は寸秒のあいだに気分転換をすると先述したが、彼らにも性格や資質のちがいがあるわけで、それなら気持ちの切り替えに巧拙の差があって当然といえる。

つまり性格によるものなのか、年齢によるものなのか分からないけれど、テルはグルーミングをしたくらいではうまく気散じできなかったかもしれないのだ。


そう思った私はためしに食事を与えてみることにした。

TERUstory_070b.jpg

TERUstory_071b.jpg

というのもニンゲンのストレス解消の転位行動には、『やけ食い』があるくらいだから、猫にだって当てはまるかもしれないという短絡的な考えが浮かんだからだ。


TERUstory_072b.jpg

TERUstory_073b.jpg

テルは猫缶を少しずつ口に運んでいく。毎回見せていた旺盛な食欲は影をひそめている。


TERUstory_074b.jpg

TERUstory_075b.jpg

このエリアのボランティアさんが海岸猫に給餌するのは、基本的に早朝の一度だけだ。

ただ、どれくらいの頻度なのかまでは分からないけれど、午後に食事を与えているひとのいることは承知している。

なのでテルの食べるスピードがいつもより遅いのは、すでにそのひとからエサをもらっている可能性が高いと思われた。


TERUstory_076d.jpg

TERUstory_077d.jpg

結局テルは、大半の猫缶を残したまま食べるのをやめてしまった。


TERUstory_078b.jpg

TERUstory_079b.jpg

TERUstory_080b.jpg

そうしてまた私のそばにくると、身体をすり寄せてきた。

どうやらテルが今感じているのは、目に見えるもので癒される類の飢えではなく、目に見えないもので癒される類の飢えのようだ。


TERUstory_081.jpg

TERUstory_082.jpg

しかし彼の求めにつかの間なら応じられても、完全に応じられない事情が私にはいくつかあった。

そのことで、こうして幼い海岸猫を目の前にしたときなどは、彼らのおかれた境遇に同情しふびんに思うよりも自分の不甲斐なさを恥じる思いがつよくなる。

そしてとどのつまり、彼らにとって私はただの “傍観者” にすぎないのだと痛感する。


TERUstory_083.jpg

TERUstory_084.jpg

だからこうしてテルの身体を撫でていても、家猫を撫でるときのような心の安らぎを得ることはできない。

それどころか、寄る辺ない外猫と接すればせっするほど私の気持ちは暗く沈んでいく。


TERUstory_085.jpg

TERUstory_086.jpg

私の顔を仰いで何かを懸命にうったえるテル。

その無垢な瞳に見つめられると、自分の不実を責められているようでいたたまれない気持ちになる。


TERUstory_087.jpg

TERUstory_088.jpg

だからといって、こちらが先に眼を逸らすわけにはいかない。

そんなことをすれば、傍観者という立場をさえ私は失ってしまう。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~