プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ロンリーキャット (後編 1)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



私はほかの海岸猫の姿を求めてエリア内を捜索する。

しかし過去に出現頻度の高かった場所を重点的に調べていったけれど、文字どおり “猫の子一匹” いなかった。

scenery0723アメショ_15

たくさんの海岸猫がいたころなら、こちらが捜すまでもなく彼らのほうから姿を現してくれたのだが、今ではエリアをたずねても誰にも会えないことすらある。

私は彼らを捜すのをあきらめて元の駐車場へもどることにした。

そして、私はそこで意外な光景を目にすることになる。


scenery0723アメショ_16

駐車場にはシンゲンが舞い戻っていた。

私とどこかですれ違ったのだろうか、それとも私が駐車場から出ていくのを物陰から見ていて、それで姿をあらわしたのだろうか。


0723アメショ_104

そのシンゲンはナルトとひとつのトレイから猫缶を食べていた。


0723アメショ_106

0723アメショ_107

だが仲良くトレイを共有しているというのではなく、競い合っていると表現したほうが正しい。


0723アメショ_108

0723アメショ_109

シンゲンは大きな体格を活かし、どっしりと構えて猫缶を食べているが、身体も細くまだ力もないナルトはそんなシンゲンに押され気味だ。


0723アメショ_110

0723アメショ_111

こうして見ると、ふたりの体格差は大きさも重さも倍ほどありそうだ。

ニンゲンにたとえれば、体重40キロの少年が体重80キロの大人と力くらべをしているようなもので、そう考えるとナルトの行動はかなり大胆といえる。


0723アメショ_112

0723アメショ_113

この猫缶はナルトに与えたものだが、力がすべての猫社会ではそんなことで優先権がみとめられるとは思えない。

だからシンゲンの態度も私にとっては予想外といえる。


0723アメショ_114

0723アメショ_115

さっきから見ていたら、ナルトを追い払おうともしないで、ただ黙々と猫缶を食べているだけだからだ。


0723アメショ_116

ただそんなシンゲンであっても、ナルトに主導権を奪われることは阻止している。


0723アメショ_117

0723アメショ_118

身を引いて猫缶をあきらめたかに見えたナルトだったが、ふたたびトレイに頭を突っこんだ。

その勢いに、ひるむシンゲン。


0723アメショ_119

が、それも寸秒のこと、シンゲンはすぐに体勢を立て直し自分のスペースを奪回した。

そうしてナルトとシンゲンはふたたび頭をくっつけあって猫缶を貪るように食べる。


0723アメショ_120

0723アメショ_121

猫缶は残り少なくなっているにかかわらず、ナルトもシンゲンもトレイから離れようとしない。


0723アメショ_122

ナルトはふと顔をあげると恨めしそうな目付きで見つめてきたが、私はどちらか一方の肩を持つつもりはない。

野良猫社会は強くないと生き残れない、優勝劣敗が原則の世界なので、ニンゲンの介入は好ましい結果を生まないからだ。


0723アメショ_123

私のにべない態度にがっかりしたのか、やがてナルトは身をひるがえした。


0723アメショ_124

0723アメショ_125

0723アメショ_126

しばらくシンゲンの背後で様子見をしていたナルトだったが、慎重な足取りでトレイに近づいてくる。


0723アメショ_127

0723アメショ_128

そしてナルトはシンゲンの隙を突いてトレイに鼻先を差し入れると、ひとかけらの猫缶をかすめ取るように頬張った。


0723アメショ_129

市販されているキャットフードには、大別して猫缶などの 『ウェットタイプ』 とカリカリなどの 『ドライタイプ』 がある。

『完全栄養食』 のドライタイプと水を与えていれば、猫は生きていける。

だが 『一般食』 や 『栄養補完食』 であるウェットタイプだけでは、必要な栄養を摂取できない。


0723アメショ_130

ところがたいていの猫はウェットタイプを好む。嗜好性が高いからだ。

このへんの事情はニンゲンと同じで、旨いものばかりを摂っていればいずれ健康を害する。

ナルトとシンゲンもエサ場にカリカリがあるにもかかわらず、これほど猫缶に執着するということはふたりともウェットタイプが好みなのだろう。


0723アメショ_131

0723アメショ_132

さて、しつこいようだが猫缶はほんの少し残っているだけだ。

なのにシンゲンは一向にトレイから顔をあげようとしないし、ナルトはまた背後からシンゲンの隙を虎視眈々とうかがっている。


0723アメショ_133b

0723アメショ_134b

やがてナルトはシンゲンの横っ面に頭をあてると、力をこめてぐいぐいと押しはじめた。

だがシンゲンの巨体は小柄なナルトが渾身の力を出しても、そうそう簡単には動かせないだろう、と私は思っていた。

ところが、ここで予想外のことが起こった


0723アメショ_135b

0723アメショ_136b

シンゲンがナルトに押し切られ、たたらを踏むようにトレイから離れたのだ。

小兵力士が巨漢力士を土俵の外へ押し出すシーンを彷彿とさせる。


0723アメショ_137

勢いがあまったのか、ナルトはそのまま地面に腹ばいになった。


0723アメショ_138

0723アメショ_139

しばらく睨みあったあとでシンゲンが声をあげると、ナルトは慌てて身体を起こしてその場から去っていく。


0723アメショ_140b

私から見れば、シンゲンはここまでよく辛抱したと思う。

シンゲンなら猫缶を独り占めできたはずで、そうしなかった彼は意外と寛容なんだな、と私は認識をあらたにした。

強面の外見とは裏腹に存外心優しいやつかもしれない。愛想がないだけで。


0723アメショ_141b

興奮が覚めてきて自分の行動を冷静にかえりみているのだろうか、ナルトはシンゲンに背を向けてあらぬ方向を見つめている。

ただ耳を後ろに向けて、シンゲンの動向をさぐることは忘れない。


0723アメショ_142b

地面に転がっているトレイ‥‥、猫缶はもう残っていない。


0723アメショ_143

0723アメショ_144

新参者ということもあり、ナルトはエリアの先住猫に気兼ねをし、小心翼々としていると思っていたのだが、そんな私の予想はちがっていた。

野良猫として暮らすうちに、おのずとたくましくなったのだろう。


0723アメショ_145b

0723アメショ_147

そしてナルトは自分が生まれた家に帰ることをあきらめ、この海岸で野良猫として生きていく覚悟を固めたのかもしれない。

果たしてそれが良いことなのか悪いことなのか、一概にはいえないけれど、私としてはやはり一抹の寂しさを覚える。

それと同時に悲しさと怒りも‥‥。


0723アメショ_146b

所在なさそうな足取りで去っていくナルト、その後ろ姿をじっと見つめるシンゲン。

彼らの心中になにが去来しているのか、私には知るよしもないが、できればさきほどの猫缶をめぐる出来事が原因で確執が生じないようねがっている。

たがいに寄るべない野良猫の身、助け合えとまではいわないが、諍いは起こさないでほしい。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~